束の間でいい 夢見せて

好きなものを、ちょっとずつ。

もやもやの吐き出し口

所謂永遠のごく出野郎ですが、KAT-TUNを好きになったのは仁亀がごくせんに出ていたあの時代。

そこから気付いたらデビュー、当時のYou&Jとかいうなんとも言えないネーミングのNEWSとエイトとの合同ファンクラブが出来て入会、ジャニオタ界隈では真顔魂と表されるデビュー後初のコンサートに行ったのが2006年。

チケットホルダー漁って日付見て改めて我ながらびっくり。時間の経過って恐ろしい。

 

懐古厨丸出しだけど、かつんのデビュー後のコンサートに何度か行った中で個人的にデビューコンが一番楽しかった。

リーダーがいない、当時のデビュー組と比べても否めない自由さ、いい意味でのまとまってない感じ、キラキラアイドルじゃなくてちょっと悪い感じの雰囲気と挑発的な歌詞(リアルフェイスの舌打ちは当時衝撃的だった)、かつん6人が醸し出してる独特なグループ感が本当に好きだった。

 

色んな理由から亀から淳太に担降り(この表現何だかなあ...っていつも思う)した後は怒涛の脱退やら休止やらが続いてかつん自体から興味が離れて行ってしまっていたけど、ここ数日で急にKAT-TUNという名前を色んなニュースやメディアで目にすることが多くなって。

活動再開とか個人の新しい仕事が決まったとかの嬉しいニュースならまだしも、元メンバーの、しかも容疑者と呼ばれるようになってしまったなんていう衝撃的なニュースでKAT-TUNの名前を出されるのは、例え元ファンだとしても居た堪れないしそんなところでいつまでも昔所属してたグループの名前を出すなと思うし今のグループにも失礼だろうとも思うけど、何だかんだジャニーズの持つネームバリューや影響力は日本の社会では本当に絶大なんだなってこんなことで実感してる。

 

やんちゃなメンバーが多い中でも、『彼』は一種の危うさを秘めていたというか、今から思えば全部後付けになってしまうだろうけどゆっちがワイドショーで語ってた、悪いが格好いいみたいな風潮があった(みたいなニュアンスのことを言ってたと思う、正確には覚えてないけど)という発言もやっぱりそうだよなあ、って思ってしまったのが正直なところ。

でもその後にコメンテーターが、タトゥーやらピアスやらの見た目に触れられた時に、元々はそんな奴じゃない、ちゃんと境界線は分かってる奴だって言ってたのを見て、まだ容疑が確定してないこの曖昧な状況で諸々の事情を考慮しながら言葉を選びながら完全に突き放すような発言はしてなかったのが改めてゆっちの優しさなんだろうなあって感じた昨日。

そういえば上田さんとこのたっちゃんは何かメディアに向けて発言しましたか...?

もうジャニーズに疎くなりすぎて全然追えてない。

 

そんなどこか優しさを感じるような発言は絶対しないし、できない男、亀梨和也。私が大好きだった人。

映画の仕事の時に全然関係ないこんな質問するマスコミに怒りを覚えつつも、亀がばっさりと突き放したコメントを聞いて、ああやっぱり亀梨和也はこういう人なんだ、けじめをきっちりつける人だし、筋を通す男だ、芯の通った男だって再認識してる。

実質かつんのリーダーのような役割だし、グループの将来のこともちゃんと考えてるし、ジャニーズのアイドルという職業を全力で全うしてくれてる人だと思ってる。

元担当だし多少甘めになってしまうのは致し方ないとして、同じグループとして苦楽を共にした人物であっても、越えちゃいけない一線を越えた人に対しては突き放すし見放す人、亀はそんな人だし変に擁護なんて(絶対しないしできないだろうけど)しなかった彼の態度を見て改めてこれでこそ亀梨和也だよって実感した。変なタイミングだけど。

 

数日前のMステに亀と山Pが出た時、まさかバックがすのすとだと思ってなかったからすのーまん推しの私としては物凄く沸いたけど、同時に樹の心情を思うと何ともいえない気持ちになって。

樹もプロだからちゃんと笑ってお仕事してたけど、何となく元気がないような表情をしてた気がやっぱりしてしまって。

そりゃそうだ、兄弟が逮捕なんてされたら私だったら仕事行けないし家から出れない。

ましてやJrとは言え知名度だって相当あるし顔も知られてるし。

そう思うと慎太郎もやっぱり色んな辛い思いをしてきたんだろうなってちょっと脱線して考えちゃったり。

兄弟のTwitterも見たけど、弟2人が傷付かないように守ってあげられたら、っていう発言が辛すぎて。

一般人でも相当な騒ぎになるのに、芸能人、ましてや元ジャニーズっていう肩書きは例え本人が嫌がったり否定しても一生ついて回ってしまうものだから。

それだけのことしてしまった、まだ確定ではないらしいけどそういう容疑がかかってしまう時点で周りの目、世間の目はガラッと変わってしまうし人生を大きく変えてしまうから。

本当に聖は大バカ者だよ...

思い出したくもなかったけど、大智が置き引きで逮捕された時もほんとにバカだ、大バカ者だって言ってた時のことをふいに思い出した。

アイドルらしからぬとこもいっぱいあったし、個人的にはそこまで好きなJrではなかったけど、関JrのMCとして照史と2人で話を引っ張り出して盛り上げて...っていう掛け合いは安定感があったし安心して見てられたのに。

それこそ、残されたシンメの濱ちゃんの気持ち考えたことあるんか!ってぶち切れしたくなるくらい怒りがこみ上げてきたことも思い出してしまった。そしてそこから始まる怒涛の関Jr脱退続きも...

 

また話が逸れたけど、実は数週間程前に聖に会うというか見る?機会がありました。

ステージ上じゃなかったから当たり前だけど、かつん時代の眩しいぐらいの照明を浴びてキラキラしてる聖はそこにいなかった。

10年近く経って久しぶりに見た彼は、見た目はアイドルの頃よりも厳つくはなっていたけど、小柄で細身のひ弱な男性でした。

何というか、輝かせてくれるものがなかったらこんなにも儚くて消えそうなぐらいなんだって、貧弱な存在なんだって、目の当たりにしてしまって正直ちょっとショックだった。

 

ジャニーズ関係のニュースは敢えて触れないようにしてるけど、ここ最近のNEWS界隈の件を差し置いてもこれはさすがにちょっときついかなあ...

中には信じてるとか待ってるとか言ってる人も多いみたいだけど、正直かつん当時からそこまで好きじゃなかったのもあるし、私自身が頭が固い人間だから一度でもこういう疑いがかかってしまった時点で世間的には十分すぎるぐらいに黒だと思うし、戻ってきても以前と同じ目では見れないかな。

今はただただ目標に向かって頑張ってる樹が本当に可哀想だなって。脱退した時も風当りもきつかったはずだけど、今回のはもう...って本当に胸が痛い。

 

最近の聖の活動もあんまり知らないし長々書くつもりなかったのに色々昔のことを思い出してつらつらと書いてしまった。

独り言を文字にしてるだけだけど、なんか書いてると余計に色んなことを考えてしまう。

深夜に書くような内容じゃなかったかな。