束の間でいい 夢見せて

やっぱり君が好き!

改めてPrizmaXの魅力とは

まずはこれをご覧ください。


PrizmaX「Mysterious Eyes -New Version-」MUSIC VIDEO

 

どうですか?朝霧なんかがちょっとかかってたりでタイトルの通りミステリアスな雰囲気と耳に付くメロディーラインと歌詞が相まって非常に格好良くないですか!!

こんな時にどこがどう格好いいかちゃんと伝えられない自分の語彙力のなさに本当に落ち込みます。

 

そもそもPrizmaXとはなんぞや。

出戻りというよりほぼほぼ新規の私なんかが語るのもおこがましいですが、自分の好きなグループの良さが少しでも伝われば...という淡い期待を抱いて自分なりに書いてみます。

 

PrizmaX(プリズマックス)は、日本音楽グループミュージシャンである。スターダストプロモーション芸能1部所属。

2002年に4人組として結成。2007年前後は10人組であった。結成10年を越えた2013年、5人組ダンス&ボーカルユニットとしてCDデビュー。

(以上、Wikipediaより引用)

 

ほんの数行しか引用してませんが、苦節10年目にしてようやくCDデビューしたグループです。デビュー前は代々木公園を拠点にストリートライブをしておりました。

因みに同じ事務所のボーイズグループだと超特急なんかがいますね...こちらはすごい人気ですけども。いかにもアイドル!っていう感じではなく完全にアーテイストです。ぷりずのファンはHolic(ホリック=中毒)呼ばれています。個人的にこの名称大好き!一度ハマると抜け出せない、ぷりずの魅力にどっぷりの状態を言い得ていて妙なネーミングだと思います。

 


公式サイト(http://www.prizmax.tokyo/)のトップ画はこんな感じです。

f:id:holic-109:20170331223140j:plain

 

若干顔がしっかり見えてないメンバーもいますが左から順に個人的主観も交えて紹介していきます。

 

清水大樹(しみずだいき)大阪出身、1991年生まれ。ラップ担当

ぷりずのメインMCです。コメントをすると何となくグダグダになってしまうことが多いぷりずをきっちりまとめられるのは彼だけです。

関西人としては完全に関西弁が抜けきってないところが非常に好感がもてます。

ちなみにジャニオタ歓喜案件でいうと、元関Jr.の吉田涼也くん(漢字違うかも)と大阪時代同じスクールに通っていました。過去ブログにツーショット写真も載せてます。あとぷりず加入前の別事務所でRaveというユニットを組んでいたんですが、時期が被ってたかは定かではないもののこれまた元関Jr.のバッケス健人くんも同じくRave出身でなんとなく不思議な縁を感じます。

 

・福本有希(ふくもとゆうき)北海道出身、1990年生まれ。パフォーマンス担当

ぷりず1の王子キャラです。ファンのことをハニー達と呼び、ライブやリリイベをデートと呼びます。

私が知ってる時代の有希くんはいつも赤いチェックのシャツを着て一生懸命踊ってたイメージなんですが、今はキャラ変更したんですね...そういえばこの前某バラエティーにもおバカタレント枠で出てました。

先日のリリイベに行った際、特典会で全員と握手したんですが、他のメンバーが普通にありがとうねーとだけ言う中、彼だけは「またデートしようねー♡」と思いっきり目を見つめながら言ってくるもんだから彼のプロ意識というか王子感?にまんまとやられました...あとかなり体を鍛えていまして、Jr.のひーくんとは違うタイプのいい身体←です。

 

森崎ウィン(もりさきうぃん)ミャンマー出身、1990年生まれ。ボーカル担当

恐らく一番知名度が高いであろうウィンくん。ドラマや映画にもよく出てます。ちなみにBADの2人が出てたごくせんに出てたようですが、当時の私は全く気付いてませんでした。勿体ない...

話してる途中でAlright!やlike...など英語がちょこちょこでちゃうところが非常にツボです。あと個人的にはミャンマー語で話してる時が非常に可愛いです。

ピアノも弾けるのでぷりずの楽曲を作曲したりしてます。ちなみに韓国人アーティストのKさんを尊敬しています。こちらはけーぽファン歓喜案件←

バラードの時のウィンくんの甘い声は本当に素敵です。一度ちょっと疲れてる時にウィンくんの歌声を聴いてたら気付いたら涙が流れてたことがありました(大丈夫です、病んでないです)それぐらい彼の歌声には癒しの効果があると思ってます。

あとこれは大いに宣伝したいんですが、来年公開のあのスティーブン・スピルバーグ監督作品のハリウッド映画に出演します!!

原題は『レディ・プレイヤー・ワン』で来年2018年に世界同時公開です...!

皆さん、ハリウッド俳優がいるグループです。

きっと映画の公開に向けてこれからどんどん露出が増えると思うので今のうちにぜひ森崎ウィンくんとぷりずをお見知り置きください(必死)

 

 

・黒川ティム(くろかわてぃむ) サイパン出身、1991年生まれ。ボーカル担当

私の推しです。アメリカと日本のハーフで日本語よりも英語が得意な気がします。ウィンくん同様、ぷりずの楽曲では作詞を担当することがあるんですが、歌詞は基本全部英語で書いてます。ぷりずのリーダーです。

ラーメンとオンラインゲームと愛猫のイヴちゃんを溺愛しています。

ぷりず唯一の初期からいるメンバーで、過去Ne-yoの Because of youをカバーしており、PLAY LOUDというアルバムに収録されております。

因みにこのアルバム、2008年に発売だったんですが今アマゾンとかで探そうと思っても出てないんですよね..

マイナーすぎるのか発売当時も近くのタワレコにもなくて他府県まで足を伸ばした思い出が。このアルバムを当時買ったファンは相当少ないと思うのでちょっとだけ自慢です(笑)

私がティムの何が好きかというと、第一印象では顔が本当に好みだったんですがただイケメンなだけじゃなくてパフォーマンスの時のしっかりぷりずを引っ張っていくぞ!という感じの俺に着いて来い感と、MCの時のちょっとふにゃふにゃしてる感じのギャップが堪らなく好きです。

あと1月にはA.B.C-Zの五関様も出ていたシェイクスピア物語という舞台にも出演してました。(またジャニオタ歓喜案件)

大阪公演に入ったんですが重要な役割だし何より上半身脱ぐし、観月ありささんとのキスシーンぎりぎりのとこまであったりして非常に私得な舞台でした。

そしてやっぱりティムのネイティブな英語と歌声が大好きです。元々K-POP好きになってから韓国語を習得してしまうぐらいアーティストに影響されやすいんですが、ぷりず好きになってからまた安易に英語も頑張ろうと思った次第です。

 

 

・島田翼(しまだつばさ)神奈川出身、1996年生まれ。パフォーマンス担当

けーぽオタでいうところのマンネ(最年少)です。二十歳になりたてに見えないぐらいの落ち着き様と風貌から実年齢よりかなり上に見られてしまうことも多々。元テレビ戦士です。

つばちゃんは私がストリートライブを見てた頃から感じてたんですが本当にダンスが綺麗!素人目に見てもキレがあって美しいなーっていつも思ってます。あとすごく楽しそうに踊ったり曲調によって表情を変えるところも見ていて飽きないし、パフォーマンスではつばちゃんに目が行ってしまうことが多々あります。

あと私服のセンスが抜群に良くてすごくおしゃれです。自分に似合うものをよく分かっててうまく着こなしてるなーってインスタなんかを見るたびに思います。

 

 

ぷりずの楽曲の何が良いか

ここでまた自分の語彙力のなさが露呈してしまうのが本当に辛いところなんですが、完全に私の個人的意見でいうと、ぷりずはそこらへんのJ-POPとは一線を画してます。

元々私がぷりずに出戻りした時は、ジャニーズから離れてK-POPにどっぷりのところからのスタートだったんですが、ジャニーズは所謂疑似恋愛系の歌詞が多いような気がします。聞き手に勘違いさせるような甘い言葉、お前が好きだ!的な。一方K-POPは恋愛系の歌詞よりは自分の成長だったり、ばんたんに関しては社会に対するメッセージや反骨心が剥き出しの歌詞が多いです。

正直そんな歌詞にどっぷり浸かっていた私にとっていきなりジャニーズ特有の甘々な楽曲を聴くのはどうもむず痒いというか...

そんな時にたまたま出会ったのがぷりずのこの曲です。


PrizmaX「take me」MUSIC VIDEO

 

これもまあ結局は女の子に振り回されるクレイジーなラブソングではあるものの、韓国語ばかり聞いていた私にとってはほとんど英語のこの歌は日本の楽曲に戻ってくるにはちょうどいい、というと語弊がありますが耳に違和感なくすんなり入ってきたわけです。

なんといってもこの曲のサビで延々と繰り返される take me take me what's you want

という歌詞がまあ頭に残ること!個人的にはPVが白黒メインだったのも良かったです。

この曲で改めてぷりずって今こんな歌を歌ってるんだ、というところから始まり、iTunesで今までの楽曲を全部購入して聞いたんですが、今まで私が聞いていたJ-POP(といっても偏りまくっていたのでほとんどジャニーズ)とは全く違う曲調に完全にそれこそホリックになってしまった次第です(上手い)

 

デビュー4年目にして遂に!ファーストアルバム発売

ここからは思いっきり宣伝になってしまいますが、PrizmaXはこの度初のアルバムをリリース致しました。

 

 ちゃっかり宣伝の為リンクも貼り付けます。

タイトルはGradually、ティム命名で一歩ずつ、という意味だそうです。

新曲は既存曲の新バージョンも含めると5曲で今のぷりずの魅力がたっぷり詰まったアルバムになっています。

ちなみに収録曲の中のsomedayという曲がまた良いんですが、この曲にもPVがあります。


PrizmaX「Someday」 MUSIC VIDEO

 

ライブ映像をPVにしたものなんですが本当に映像が美しい!このライブになぜ行かなかったんだろうと心底後悔してます。

ここで全曲紹介するのも良いんですが個人的お気に入りの3曲だけ紹介します。

 

・Never

ウィンくんの甘い歌声から始まります。

次のティムのパートのWhen you're alone,and have nowhere to go then I'll be your home,come back whenever you wantという歌詞にやられました。

こんなこと言ってくれる人がどこにいるんですか!

あと全体的に総じて優しいメロディーが落ち着きます。

 

・Three Things

ホリックもメンバーも大好きな曲です。

タイトルは君の為に僕ができる3つのこと、の意味なんですがI would lie for you, I would fight for you, I could die for youだそうです。

最後とかがK-POPの歌詞に出てきそうだなーという感じなんですがこの曲は究極のラブソングだと思います。

ただ好きだ!って歌うんじゃなくて君の為に何ができるか、嘘もつくし戦うし、君が望むなら死んだって良いなんて奉仕の精神というか愛する人に捧げる気持ちがすごいなーと。こういう歌詞って日本語でいうとちょっと引いちゃいそうですがやっぱり英語だと少し中和されるんでしょうか...とにかくこの曲を聴いた後はいつもなぜか壮大なスケールの映画を見終わったような達成感(?)があります。

 

・Gradually

正確にはこれはメロディーだけの所謂イントロ的な楽曲なんですが、リミックスされたサウンドの中に聞こえるFeel...という声が心地よくて癖になります、あとこれもメロディーラインが綺麗。BGMとかにして流したら色々と捗りそうです。

 

敢えてぷりずが売れない理由を挙げるなら

一ホリックとして、応援してるから故に心を鬼にして書いてみます。正直ぷりずあんまり売れてないです。私としてはもっと売れてもいいのに、と常々思ってはいるんですが私なりに売れてない理由を考えてみました(完全に個人的意見です)

 

・やっぱり楽曲が英語メインだと取っつきにくいのかも?

私は元々洋楽も聞いてたし、K-POPも聞いてたので日本語以外の楽曲を聴くのは全く抵抗がないんですが、やっぱり今のJ-POPに慣れ親しんでる人には若干敷居が高いのかもと感じてます。あと英語だと意味が分からない人も多いしね。

 

・華がない

最初に言いますが私はぷりず5人皆格好いいと思ってます。でも前に出るボーカルの2人のビジュアルが万人受けはしないんだろうな、というのが周りにも聞いてみて感じた正直なところではあります。

こればっかりはもうどうしようもないのかなーとも思いますがまずはウィンくんが色々とメディアに出て顔を知られれば...!と思ってます。

 

・新規のファンが入りにくい

これは実際私が先日のリリイベに行って感じたことですが、昔からのファンはメンバーコールや掛け声なんかを熟知してタイミングよく叫べるものの、私みたいに初めて行った人間からすると正直いつ何を言っていいのかわからず疎外感を感じたのも事実です。掛け声前に、これから僕らがこう言ったらこう返してくださいねーとかがあっても良かったかなと思ったり。色んなインタビューなんかでは初めての人もたくさん来てくださいね!と呼び掛けてるものの実際は前からのファンとの慣れ合いの場みたいになってて何となく寂しかった。

ちなみに当日いたホリックさんたちは素晴らしくマナーがよくて、整列の時にわからなくてうろうろしてた私に並ぶ場所を教えて頂いたり、イベント中も押したりが全くなくて非常に感動しました。某アーミーさんたちは本当にくそみたいなファンが多くて苦労をしてきただけに久しぶりにこの人たちと同じファンでよかったなと感じました。ファンはアイドルの鑑とよく言うだけに私も気を付けようと心に誓った日でもあります。

 

 

ちょっと厳しいことも書きましたが少しでも多くの人にぷりずの楽曲と良さを知ってもらえればと思って正直に今思ってることを買いた次第です。

 

ちなみにPrizmaX,夏にツアーやります!

www.stardust-ticket.com

 

2017年7月21日(金) 【福岡公演】BEAT STATION 開場18:00 / 開演18:30
2017年7月22日(土) 【大阪公演】なんばHatch 開場17:00 / 開演18:00
2017年7月26日(水) 【愛知公演】DIAMOND HALL 開場18:00 / 開演19:00
2017年8月9日(水) 【東京公演】Zepp DiverCity (TOKYO) 開場18:00 / 開演19:00

 

本人たちも言ってるし、私自身もリリイベに行って改めて感じたことですが、ぷりずはライブが本当に素晴らしいです。

生のパフォーマンスを観たら、私のような最近のJ-POPなんだかなー、とかK-POP以外も聴こうかな、や何か新しいテイストのグループないかな、やもちろんイケメンなグループないのー?な人も何か感じるものがあるんじゃないかと思います。

 

ちなみに宣伝ついでにもうひとつ。

ぷりずの公式Twitterでは、夏のツアーまでにフォロワー4万人!を目標にしておりますが正直リリイベ後もあまり増えてない状況です。

この機会にぽちっとフォローして頂けると嬉しいです。

twitter.com

 

どこまでも宣伝だらけで失礼しました。

約1時間半ほどかけてこれを書いております。

私の拙い文章で少しでもPrizmaXに興味を持っていただける方が増えますように。