束の間でいい 夢見せて

好きなものを、ちょっとずつ。

出戻りBBAが応援したいJr.たちと応援スタンス

ようやく少クラの春休みスペシャルを観ました。

WESTが東京のJr.&お客さんにも何となく受け入れられてる感がしてちょっと安心。

あとあえて気になる点を挙げるなら、濱ちゃんと神ちゃんに対する呼び方のイントネーションの違いぐらいか。文字だと伝わりにくいけど関西がは→まちゃん、に対して関東だとは↑まちゃんってなんか妙なとこが上がるのが個人的にすごくすごく気になる。

まあこれは関西人は皆何となくの違和感を感じてるとは思うけども。

デビューしてから他のデビュー組や東京Jr.たちと仕事をする機会が増えたけど、この呼び方だけはいつまで経ってもなれないなあ...

あと先輩への質問!コーナーでまさかの私の新旧の担当(ひーくん担を名乗るには薄っぺらすぎるけど便宜上)が交流してて非常に嬉しかったです。

最近ほんとひーくん脱ぎキャラになってるね?もっとやれ

淳太とひーくんなんて見た感じから交流もなさそうだしそもそも淳太ってひーくんみたいな鍛えてるガチ勢とかほんとに苦手そうだもんなあ...

照史に、淳太くんも鍛えたいって言ってるもんね?(ニュアンス)って振られてるのを見て、関Jr時代小豆色のだっさいジャージ着て練習してたのをふいに思い出したよ。

あれもそういえば某アレクサンダーマックイーンの高級ジャージだったけ...

思いっきり形から入る淳太が好きです。

 

話はそれましたが回顧厨かつ最近のJr.が本当に多くてついていけない私にとっては今回のシャッフルユニットはすごく有難かった。

あとエイトの桜援歌を歌うなんて...もう回顧BBA完全に沸いた。その昔、忍たま乱太郎のEDだったんだよなあ...当時MD(もはや死語)に入れてたよ...

言うまでもなく東京のJr.たちのダンスの魅せ方は関西とは全然違ってて。関Jrがどうしても松竹とかで見てるとファミリー感というか皆でわちゃわちゃしてる感が強いんだけど東京はものすごい数のJrがしのぎを削ってるから俺が俺が!感がすごい。

もちろんJrとはいえ一アイドルだから、慣れ合いなんかせずにどんどん皆切磋琢磨して前に出てきてくれたらいいんだけどなぜか出戻りしてからは比較的平和な関西の沼にどっぷり浸かってます。

東京だと私がジャニオタ時代だった頃から残って頑張ってる子たちがすごく多いんだけど、昔好きだった子と今気になる子では全然推しが変わってて自分でもびっくりしてます。

去年少年たちやジャニーズフューチャーワールド、ジャニーズオールスターアイランド(なんかそれぞれ略称あった気がするけど忘れた)を観に行ってやっぱり好きだな、と思ったのはすのーまんかな。全員のアクロバットは実際見るとやっぱり安定してるしキレもあるし純粋にすごいなって思ったんだけどその中でも今は前述からのひーくんと阿部ちゃんを無条件に推してる。

あとは個々のJrたちで気になる子は何人かいたけど梶山朝日くんの踊りが色気があって後ろで踊ってても目を引くし探しちゃうから個人的には発掘Jrだと思ってます。

何より踊ってる時のエロっちい←目線が堪りません。

東京だとどんな立ち位置かあんまり把握してないけどこれから見られる機会が増えたらいいなあ。

 

で、その後すぐにまいジャニを観たら安定のわちゃわちゃ感というか(勝手に)私のホーム感がして、何というかいうかもの凄く楽だった。

学生時代の痛すぎるジャニオタだった頃がガチリア恋勢の過激派で自分でしんどくなる状況を作り出してるような負のループにハマってる系オタクだったから、一度離れてみて今再びハマりだしてるこのゆるーい状態の今の応援スタンスが私にはちょうど合ってるみたいです。

というか自分のことだけ考えてたらよかった学生時代ならともかく、社会人になってそれなりに責任もあるし自分のことばっかり考えてるわけにもいかなくなってきたので、趣味ぐらいは好きなように、深追いせず気楽にいきたい。

 

応援スタンスといえば、去年書かれていたものですが興味深かったので記事お借りしました。

 

cori0922kw.hatenablog.jp

 

 

この記事を参考にさせて頂いて、自分なりの応援スタンスを書いてみようと思います。

 

担当:西畑大吾

好き:SnowMan(岩本照、阿部亮平)、Travis Japan梶山朝日浜中文一

担当は決めてないと以前書いたものの、ファンクラブに登録する時に好きなJr.を1人入れないといけないことが分かって非常に悩みました。登録当初は悩んだ末にひーくんにしてたものの、ここに来て急に西畑くん熱が来て軽率に変更してしまった奴。

まだ語れるほど担歴(この言い方昔からなんかしっくり来ない)は長くないものの演技派なところと、オタを喜ばせる甘いセリフなんかに見事に沸いてます。そうさ、ジャニーズたるもの思いっきりオタクを勘違いさせてくれ。あと単純に顔が好き。

あとBBV大好き野郎なので変わらず頑張ってて、関Jr.を引っ張ってくれてる文ちゃんはずっと応援してるし、同じ様に龍太も康二も丈ちゃんも真鳥もないるも、オタ当時から残ってる子たちは基本的に頑張ってほしいと思ってます。というか関西基本的に箱推しです。

出戻り勢ながら松竹で感じたFunky8の人気度をもってなぜ未だに公式名称じゃないのか非常に疑問です。グループ名をもらうことが全てじゃないけどやっぱり本人たちのモチベーションも違ってくると思うからぜひとも公式化してほしいなあ。というかよく考えたら今関西ってグループひとつもないんじゃ...

あと関西の中では断トツで可愛い大西流星くんと大西風雅くんのダブル大西にメロメロです。断っておきますが、決してショタではありません。

 

▼雑誌を買う基準

買わない。

昔は3誌欠かさず買ってたけど推しがそんなに載ってないことも多く、出戻ってから一冊も買ってません。Twitterとかで話題になった記事で気になったものがあった時だけ立ち読みしに行きます。ちなみにいつぞやの寝巻き男子の阿部ちゃんの回は皆さまが沸いてるのも納得の素晴らしいものでした。男阿部ちゃんを見れて最高でした、ありがとうございます。

 

▼CDを買う基準

買わない。

昔はJr担だったからここは考えたことなかったけど修二と彰ぐらいは買ったかな...出戻ってからすぐにジャンプのコンサートに行ったんですが、その時の予習用にちゃっかり初回盤は買いました。

ちなみにWESTのアルバムも気になって借りてきたけど、昔のエイトみたいに過度な関西弁満載の意味のない歌ばっかりだったので心底萎えてそこからはもう聞いてないです。いつぞやの淳太のTAMERは一時期妙にハマった。

 

▼映像作品を買う基準

買わない。

これは昔から変わらず。理由はひとつ、コンサートDVDに入ってるオタクの奇声が本当に嫌いだから。

 

▼現場に行く基準

行きたいと思ったら基本的に行く。

学生時代と今の大きな違いはやっぱり自分でお金を稼いでること。しがない地方OLだけど学生の頃とは比べ物にならないわけで。基本的に出不精なため他に使う用途も特にないため推しが出てるものは基本的に行く。

そんなことは言ってもそろそろ自分にもお金をかけたいので、今年の目標は同じ舞台はなるべく一回で我慢する&定価以上でチケットを買わない。去年は少年たちもジャニアイも1回だけにしようとしてたのに気づいたら2週間連続で日生と帝国劇場にいて我ながらさすがにひいた。

 

▼遠征する基準

推しがメインで出てるもの。

基本的にバックとして付いてるコンサートまで追ってるといくら時間とお金があっても足りないのでJr推しの今はとりあえず松竹とJrメインの舞台のみ。

 

▼グッズを買う基準

買わない。

昔はやってました。全買い。もう自室がジャニオタ丸出しで、壁にうちわとポスター貼りまくりで壁が見えないぐらいにしてたけど、引っ越しとオタ卒を機に潔く全部売りました。もうジャニーズに戻ることはないと思ってたからペンラまで売っちゃって、先日の松竹では振るものがなくて困ってたところ同じく元ジャニオタの母が奇跡的に置いてたペンラを借りて無事に事なきを得ました。ちなみに丸型で3色ぐらいに光るやつ。そういえば松竹に行った時にペンラの種類がものすごく増えてることにびっくりしたんだけど妙なバナナとかツリーとかたこ焼きのコテとかどこのグループのだろ、と思ってたら案の定WESTで笑った。下品だなあというのが個人的な感想。

理想はペンラも持たずに軽装で入りたいけどやっぱり手元が寂しいのでペンラだけは置いとけばよかったと後悔中。関Jr用のペンラが出たらうっかり買うかも。

 

▼ジャニショで写真を買う基準

買わない。

というかジャニショに行かない。難波のジャニショ移転したみたいだけど新しいのがどこにあるのかも知らないぐらい最後に行ったのいつ状態。

もちろん昔はやってました、中間くん全買い。

100枚なんて優に超えてたけどあれ全部どこにやったんだろう...友達にあげたか売ったかどっちかかな。今はジャニショの写真を始め、ライブのフォトも買わない、というか皆あれを買ってどう使ってるのか気になる。

 

オタ卒する時にグッズの多さにドン引きして、処分するのに非常に困ったから出戻ってからは基本的に買わないスタンスを貫いてます。

というかそこまで必死じゃないゆるすぎるオタクだから最新情報はジャニーズWebで見て満足してる。ファンクラブ入ってるからコンサートとか番協のお知らせなんかはメールで来るしね。

ちなみに録画してる番組も少クラとまいジャニだけです。しかもまいジャニのSHOW TIMEで好きなシーン以外は基本的に一度見て消してる。

昔は私からジャニーズを取ったら生きていけない!状態だったけど全然そんなことなかった。むしろジャニーズしか知らないことがいかに視野が狭い状態だったかがよく分かった。それでも今またこうして出戻ってるのは、何だかんだジャニーズって見てるだけで無条件で楽しめるし幸せになれるからだなあと。変にプライベートの情報まで追って、いろんなことを見聞きして勝手に嫌いになったりしんどくなってたけど今は割り切れたというか、ジャニーズとして表舞台に立ってる時さえ全力で楽しませてくれたらそれでいいです。私もオンとオフだと全然違うし、皆そんなもんでしょう。ずっとスイッチ入ってたら疲れちゃうしね。

ゆるゆるなオタク生活楽しいです。

改めてPrizmaXの魅力とは

まずはこれをご覧ください。


PrizmaX「Mysterious Eyes -New Version-」MUSIC VIDEO

 

どうですか?朝霧なんかがちょっとかかってたりでタイトルの通りミステリアスな雰囲気と耳に付くメロディーラインと歌詞が相まって非常に格好良くないですか!!

こんな時にどこがどう格好いいかちゃんと伝えられない自分の語彙力のなさに本当に落ち込みます。

 

そもそもPrizmaXとはなんぞや。

出戻りというよりほぼほぼ新規の私なんかが語るのもおこがましいですが、自分の好きなグループの良さが少しでも伝われば...という淡い期待を抱いて自分なりに書いてみます。

 

PrizmaX(プリズマックス)は、日本音楽グループミュージシャンである。スターダストプロモーション芸能1部所属。

2002年に4人組として結成。2007年前後は10人組であった。結成10年を越えた2013年、5人組ダンス&ボーカルユニットとしてCDデビュー。

(以上、Wikipediaより引用)

 

ほんの数行しか引用してませんが、苦節10年目にしてようやくCDデビューしたグループです。デビュー前は代々木公園を拠点にストリートライブをしておりました。

因みに同じ事務所のボーイズグループだと超特急なんかがいますね...こちらはすごい人気ですけども。いかにもアイドル!っていう感じではなく完全にアーテイストです。ぷりずのファンはHolic(ホリック=中毒)呼ばれています。個人的にこの名称大好き!一度ハマると抜け出せない、ぷりずの魅力にどっぷりの状態を言い得ていて妙なネーミングだと思います。

 


公式サイト(http://www.prizmax.tokyo/)のトップ画はこんな感じです。

f:id:holic-109:20170331223140j:plain

 

若干顔がしっかり見えてないメンバーもいますが左から順に個人的主観も交えて紹介していきます。

 

清水大樹(しみずだいき)大阪出身、1991年生まれ。ラップ担当

ぷりずのメインMCです。コメントをすると何となくグダグダになってしまうことが多いぷりずをきっちりまとめられるのは彼だけです。

関西人としては完全に関西弁が抜けきってないところが非常に好感がもてます。

ちなみにジャニオタ歓喜案件でいうと、元関Jr.の吉田涼也くん(漢字違うかも)と大阪時代同じスクールに通っていました。過去ブログにツーショット写真も載せてます。あとぷりず加入前の別事務所でRaveというユニットを組んでいたんですが、時期が被ってたかは定かではないもののこれまた元関Jr.のバッケス健人くんも同じくRave出身でなんとなく不思議な縁を感じます。

 

・福本有希(ふくもとゆうき)北海道出身、1990年生まれ。パフォーマンス担当

ぷりず1の王子キャラです。ファンのことをハニー達と呼び、ライブやリリイベをデートと呼びます。

私が知ってる時代の有希くんはいつも赤いチェックのシャツを着て一生懸命踊ってたイメージなんですが、今はキャラ変更したんですね...そういえばこの前某バラエティーにもおバカタレント枠で出てました。

先日のリリイベに行った際、特典会で全員と握手したんですが、他のメンバーが普通にありがとうねーとだけ言う中、彼だけは「またデートしようねー♡」と思いっきり目を見つめながら言ってくるもんだから彼のプロ意識というか王子感?にまんまとやられました...あとかなり体を鍛えていまして、Jr.のひーくんとは違うタイプのいい身体←です。

 

森崎ウィン(もりさきうぃん)ミャンマー出身、1990年生まれ。ボーカル担当

恐らく一番知名度が高いであろうウィンくん。ドラマや映画にもよく出てます。ちなみにBADの2人が出てたごくせんに出てたようですが、当時の私は全く気付いてませんでした。勿体ない...

話してる途中でAlright!やlike...など英語がちょこちょこでちゃうところが非常にツボです。あと個人的にはミャンマー語で話してる時が非常に可愛いです。

ピアノも弾けるのでぷりずの楽曲を作曲したりしてます。ちなみに韓国人アーティストのKさんを尊敬しています。こちらはけーぽファン歓喜案件←

バラードの時のウィンくんの甘い声は本当に素敵です。一度ちょっと疲れてる時にウィンくんの歌声を聴いてたら気付いたら涙が流れてたことがありました(大丈夫です、病んでないです)それぐらい彼の歌声には癒しの効果があると思ってます。

あとこれは大いに宣伝したいんですが、来年公開のあのスティーブン・スピルバーグ監督作品のハリウッド映画に出演します!!

原題は『レディ・プレイヤー・ワン』で来年2018年に世界同時公開です...!

皆さん、ハリウッド俳優がいるグループです。

きっと映画の公開に向けてこれからどんどん露出が増えると思うので今のうちにぜひ森崎ウィンくんとぷりずをお見知り置きください(必死)

 

 

・黒川ティム(くろかわてぃむ) サイパン出身、1991年生まれ。ボーカル担当

私の推しです。アメリカと日本のハーフで日本語よりも英語が得意な気がします。ウィンくん同様、ぷりずの楽曲では作詞を担当することがあるんですが、歌詞は基本全部英語で書いてます。ぷりずのリーダーです。

ラーメンとオンラインゲームと愛猫のイヴちゃんを溺愛しています。

ぷりず唯一の初期からいるメンバーで、過去Ne-yoの Because of youをカバーしており、PLAY LOUDというアルバムに収録されております。

因みにこのアルバム、2008年に発売だったんですが今アマゾンとかで探そうと思っても出てないんですよね..

マイナーすぎるのか発売当時も近くのタワレコにもなくて他府県まで足を伸ばした思い出が。このアルバムを当時買ったファンは相当少ないと思うのでちょっとだけ自慢です(笑)

私がティムの何が好きかというと、第一印象では顔が本当に好みだったんですがただイケメンなだけじゃなくてパフォーマンスの時のしっかりぷりずを引っ張っていくぞ!という感じの俺に着いて来い感と、MCの時のちょっとふにゃふにゃしてる感じのギャップが堪らなく好きです。

あと1月にはA.B.C-Zの五関様も出ていたシェイクスピア物語という舞台にも出演してました。(またジャニオタ歓喜案件)

大阪公演に入ったんですが重要な役割だし何より上半身脱ぐし、観月ありささんとのキスシーンぎりぎりのとこまであったりして非常に私得な舞台でした。

そしてやっぱりティムのネイティブな英語と歌声が大好きです。元々K-POP好きになってから韓国語を習得してしまうぐらいアーティストに影響されやすいんですが、ぷりず好きになってからまた安易に英語も頑張ろうと思った次第です。

 

 

・島田翼(しまだつばさ)神奈川出身、1996年生まれ。パフォーマンス担当

けーぽオタでいうところのマンネ(最年少)です。二十歳になりたてに見えないぐらいの落ち着き様と風貌から実年齢よりかなり上に見られてしまうことも多々。元テレビ戦士です。

つばちゃんは私がストリートライブを見てた頃から感じてたんですが本当にダンスが綺麗!素人目に見てもキレがあって美しいなーっていつも思ってます。あとすごく楽しそうに踊ったり曲調によって表情を変えるところも見ていて飽きないし、パフォーマンスではつばちゃんに目が行ってしまうことが多々あります。

あと私服のセンスが抜群に良くてすごくおしゃれです。自分に似合うものをよく分かっててうまく着こなしてるなーってインスタなんかを見るたびに思います。

 

 

ぷりずの楽曲の何が良いか

ここでまた自分の語彙力のなさが露呈してしまうのが本当に辛いところなんですが、完全に私の個人的意見でいうと、ぷりずはそこらへんのJ-POPとは一線を画してます。

元々私がぷりずに出戻りした時は、ジャニーズから離れてK-POPにどっぷりのところからのスタートだったんですが、ジャニーズは所謂疑似恋愛系の歌詞が多いような気がします。聞き手に勘違いさせるような甘い言葉、お前が好きだ!的な。一方K-POPは恋愛系の歌詞よりは自分の成長だったり、ばんたんに関しては社会に対するメッセージや反骨心が剥き出しの歌詞が多いです。

正直そんな歌詞にどっぷり浸かっていた私にとっていきなりジャニーズ特有の甘々な楽曲を聴くのはどうもむず痒いというか...

そんな時にたまたま出会ったのがぷりずのこの曲です。


PrizmaX「take me」MUSIC VIDEO

 

これもまあ結局は女の子に振り回されるクレイジーなラブソングではあるものの、韓国語ばかり聞いていた私にとってはほとんど英語のこの歌は日本の楽曲に戻ってくるにはちょうどいい、というと語弊がありますが耳に違和感なくすんなり入ってきたわけです。

なんといってもこの曲のサビで延々と繰り返される take me take me what's you want

という歌詞がまあ頭に残ること!個人的にはPVが白黒メインだったのも良かったです。

この曲で改めてぷりずって今こんな歌を歌ってるんだ、というところから始まり、iTunesで今までの楽曲を全部購入して聞いたんですが、今まで私が聞いていたJ-POP(といっても偏りまくっていたのでほとんどジャニーズ)とは全く違う曲調に完全にそれこそホリックになってしまった次第です(上手い)

 

デビュー4年目にして遂に!ファーストアルバム発売

ここからは思いっきり宣伝になってしまいますが、PrizmaXはこの度初のアルバムをリリース致しました。

 

 ちゃっかり宣伝の為リンクも貼り付けます。

タイトルはGradually、ティム命名で一歩ずつ、という意味だそうです。

新曲は既存曲の新バージョンも含めると5曲で今のぷりずの魅力がたっぷり詰まったアルバムになっています。

ちなみに収録曲の中のsomedayという曲がまた良いんですが、この曲にもPVがあります。


PrizmaX「Someday」 MUSIC VIDEO

 

ライブ映像をPVにしたものなんですが本当に映像が美しい!このライブになぜ行かなかったんだろうと心底後悔してます。

ここで全曲紹介するのも良いんですが個人的お気に入りの3曲だけ紹介します。

 

・Never

ウィンくんの甘い歌声から始まります。

次のティムのパートのWhen you're alone,and have nowhere to go then I'll be your home,come back whenever you wantという歌詞にやられました。

こんなこと言ってくれる人がどこにいるんですか!

あと全体的に総じて優しいメロディーが落ち着きます。

 

・Three Things

ホリックもメンバーも大好きな曲です。

タイトルは君の為に僕ができる3つのこと、の意味なんですがI would lie for you, I would fight for you, I could die for youだそうです。

最後とかがK-POPの歌詞に出てきそうだなーという感じなんですがこの曲は究極のラブソングだと思います。

ただ好きだ!って歌うんじゃなくて君の為に何ができるか、嘘もつくし戦うし、君が望むなら死んだって良いなんて奉仕の精神というか愛する人に捧げる気持ちがすごいなーと。こういう歌詞って日本語でいうとちょっと引いちゃいそうですがやっぱり英語だと少し中和されるんでしょうか...とにかくこの曲を聴いた後はいつもなぜか壮大なスケールの映画を見終わったような達成感(?)があります。

 

・Gradually

正確にはこれはメロディーだけの所謂イントロ的な楽曲なんですが、リミックスされたサウンドの中に聞こえるFeel...という声が心地よくて癖になります、あとこれもメロディーラインが綺麗。BGMとかにして流したら色々と捗りそうです。

 

敢えてぷりずが売れない理由を挙げるなら

一ホリックとして、応援してるから故に心を鬼にして書いてみます。正直ぷりずあんまり売れてないです。私としてはもっと売れてもいいのに、と常々思ってはいるんですが私なりに売れてない理由を考えてみました(完全に個人的意見です)

 

・やっぱり楽曲が英語メインだと取っつきにくいのかも?

私は元々洋楽も聞いてたし、K-POPも聞いてたので日本語以外の楽曲を聴くのは全く抵抗がないんですが、やっぱり今のJ-POPに慣れ親しんでる人には若干敷居が高いのかもと感じてます。あと英語だと意味が分からない人も多いしね。

 

・華がない

最初に言いますが私はぷりず5人皆格好いいと思ってます。でも前に出るボーカルの2人のビジュアルが万人受けはしないんだろうな、というのが周りにも聞いてみて感じた正直なところではあります。

こればっかりはもうどうしようもないのかなーとも思いますがまずはウィンくんが色々とメディアに出て顔を知られれば...!と思ってます。

 

・新規のファンが入りにくい

これは実際私が先日のリリイベに行って感じたことですが、昔からのファンはメンバーコールや掛け声なんかを熟知してタイミングよく叫べるものの、私みたいに初めて行った人間からすると正直いつ何を言っていいのかわからず疎外感を感じたのも事実です。掛け声前に、これから僕らがこう言ったらこう返してくださいねーとかがあっても良かったかなと思ったり。色んなインタビューなんかでは初めての人もたくさん来てくださいね!と呼び掛けてるものの実際は前からのファンとの慣れ合いの場みたいになってて何となく寂しかった。

ちなみに当日いたホリックさんたちは素晴らしくマナーがよくて、整列の時にわからなくてうろうろしてた私に並ぶ場所を教えて頂いたり、イベント中も押したりが全くなくて非常に感動しました。某アーミーさんたちは本当にくそみたいなファンが多くて苦労をしてきただけに久しぶりにこの人たちと同じファンでよかったなと感じました。ファンはアイドルの鑑とよく言うだけに私も気を付けようと心に誓った日でもあります。

 

 

ちょっと厳しいことも書きましたが少しでも多くの人にぷりずの楽曲と良さを知ってもらえればと思って正直に今思ってることを買いた次第です。

 

ちなみにPrizmaX,夏にツアーやります!

www.stardust-ticket.com

 

2017年7月21日(金) 【福岡公演】BEAT STATION 開場18:00 / 開演18:30
2017年7月22日(土) 【大阪公演】なんばHatch 開場17:00 / 開演18:00
2017年7月26日(水) 【愛知公演】DIAMOND HALL 開場18:00 / 開演19:00
2017年8月9日(水) 【東京公演】Zepp DiverCity (TOKYO) 開場18:00 / 開演19:00

 

本人たちも言ってるし、私自身もリリイベに行って改めて感じたことですが、ぷりずはライブが本当に素晴らしいです。

生のパフォーマンスを観たら、私のような最近のJ-POPなんだかなー、とかK-POP以外も聴こうかな、や何か新しいテイストのグループないかな、やもちろんイケメンなグループないのー?な人も何か感じるものがあるんじゃないかと思います。

 

ちなみに宣伝ついでにもうひとつ。

ぷりずの公式Twitterでは、夏のツアーまでにフォロワー4万人!を目標にしておりますが正直リリイベ後もあまり増えてない状況です。

この機会にぽちっとフォローして頂けると嬉しいです。

twitter.com

 

どこまでも宣伝だらけで失礼しました。

約1時間半ほどかけてこれを書いております。

私の拙い文章で少しでもPrizmaXに興味を持っていただける方が増えますように。

今日から。

某croozやアメブロなんかを転々としながら学生時代からゆるーくブログを書いてたけど、何か色々と心機一転したくて新しく開設しました。基本的に独り言、感想なんかの自分の備忘録用です。

 

物心ついたころからアイドルが好きで、大人(社会人)になったら自然にオタ卒できると思ってたのに気づけばオタ活のために働いて、次の現場を楽しみにしながら日々生きてるタイプのライトな(と思ってる)完全なるオタク。

小中時代は完全にジャニーズ一色の生活だったのが高校生からどっぷりK-POPにハマり、社会人になってから二刀流(?)になってしまい、広く浅くゆえに自分で自分の首を絞めてるにも関わらず基本、楽しければいいやーと色んな現場に足を運ぶしがないOL。

生まれも育ちも関西のため基本的にアイドルにも面白さを求めます。

 

応援してる人たち

今はあえてジャニーズ一色時代のように担当様♡は決めてません。

というか頑張ってる子たちは無条件で応援したくなる系のBBA。

・ジャニーズ

ジャニオタ全盛期はKAT-TUNの亀一択でした。デビューコンももちろん行きました。修二と彰なんてもろ世代すぎて涙でそう。

KAT-TUNデビュー後、現ジャニーズWEST中間淳太くんにドはまりしました。バトボ時代なんて最高すぎて...常に金欠状態だった学生時代、何とかお金を捻りだして夏と冬の松竹に通いまくっていたあの頃。最近チケットを整理してたら最後の松竹がちょうど10年前で時間の経過の早さに唖然とした今日この頃。

10年以上のブランク期間を経て、関西Jr.まるっと箱推しに戻りつつあるけどなんせお休みしてた期間が長すぎて最近の子はほとんど分かりません。

(因みに私がジャニオタ時代だった頃から今も残って頑張ってる関ジュは文ちゃんと龍太、康二と丈ちゃんと真鳥とないるです、アーメン)

ジャニオタへのリハビリ期間中、少クラ諸々を見てお勉強中に見つけた西畑大吾くんを今猛烈に推してます(私が推さなくてもきっと関西で一番プッシュされてる)

そしてJr.時代大好きだった淳太は、デビューしたら冷めてしまうという勝手なスタンスの為、正直今はよく分かりません。お金持ちキャラ&ちょっと知的な昼の顔?で世間に認知されてるのが嬉しくもあり何となく寂しくもあり。

東京のJr.は数が多すぎて飽和状態だけどすのーまんお兄さん(同世代)全体的に応援してます。ひーくんの身体が好きです←

 

K-POP

きっかけは東方神起です。例のややこしいことがなければ今も応援してたと思う...2人派でも3人派でもなく5人の東方神起が大好きでした。

東方神起のおかげで韓国にも興味を持ち、韓国語を身に着け、気付けば1人渡韓なんてしちゃうぐらいの大人になりました。ありがとう東方神起

そしてBEAST。現Highlightお兄さんたちは本国デビュー前からずっとずっと応援してたグループです。稀少などんうんぺん。

6人のステージとパフォーマンスが本当に大好きで、日本のライブはデビュー当時から全部行ってたけど結局本国ライブに一度も行けぬままあんなことになって非常に複雑です。

それ以来、韓国のグループはいつ何が起こるか分からないので行きたいと思ったイベントには少し位無理してでも行くようにしてます。おかげでパスポートのスタンプ欄が韓国への渡航記録で埋め尽くされました。

あと今押しも押されぬ勢いの防弾少年団。好きになったのはホルモン戦争からなので割と遅めだけど、前述の行きたいイベントにはなるべく行く!スタンスのおかげでここ数年の渡韓理由は9割ばんたん絡みです。こちらも稀少ななむじゅんぺん。

曲もパフォーマンスもライブも素晴らしくてドはまりしてたものの、ライブはともかくサイン会に参加するための費用がバカにならない位高騰して(あんまり詳しくはかけないけど渡韓費やカメラ代なんかも合わせると1回20万ぐらい)、貧乏OLには追えなくなってしまったので泣く泣く諦めました。

ちなみにサイン会で一度やらかしてるので正直某メンバーに顔合わせるのが怖いです。もちろん本人は全く覚えてないだろうけど。

 

 
PrizmaX

今一番応援してるグループ。これも実は空白期間がかなりありまして、最初に行ったイベントが2008年の大阪駅前でのフリーライブです。因みにこの時は現メンバーのウィンくんはおらず、バーンズ勇気くんやテイラーなんかが踊ってました。

ちなみに翼くんは現役小学生。一人ダンスの上手いちっちゃい子がいてとても印象に残ってます。

ぷりずはデビュー前の携帯サイト時代しか知らなかったもののこれまた去年の末頃に唐突に思い出し、久しぶりに見てみたらメジャーデビューもしてるわ人数も減ってるわで色々と驚いた記憶が。

ぷりずに関しては次の記事でしっかりと書きます。当時はティム推しで久しぶりに見てもやっぱりティム推しですが、大人になった翼くんが格好良すぎて軽率にフラフラしてます。ペンラの色(推しカラー)決まらないよ...!!

 

・俳優さん

俳優といっても実は元ジャニーズJr.たち←

色んな事情で辞めていったJr.は数知れずですが今も俳優として頑張ってる人たちをゆるーく応援してます。

Twitterもフォローしてるのは浅香航大くんと鮎川太陽くん、あとバッケス健人くんです。そうです、Ya-Ya-YahとJJ大好きでした。

ちなみに一番近い現場だと5月に太陽の舞台(プリステ)に行く予定です。

当初はエピソード1だけ見て終わるつもりが予想外に太陽の出番が少なく、かつエピソードが進むにつれて出番が増えそうな役柄&何となく続きが気になるためアニオタの方々に紛れてしれっと観に行く予定です。

 

あと記事を書く予定はあまりないですがエジプト(ピラミッドとかミイラが大好き)や兵馬俑プロフィール画像で一目瞭然)なんかの壮大な時の流れを感じるものに非常に興味を惹かれます。だけど歴史が得意でもなんでもないよく分からない人。