束の間でいい 夢見せて

好きなものを、ちょっとずつ。

プリズ尽くめの1週間

ついに12月...今年も残すところあと1か月だなんて本当に今年は時間の経過が早く感じるなあ...

このブログを始めたのは3月頃だけど、上京してきて地元にいた頃より確実に現場に行く回数が増えて、全部の詳細を覚えてられない!という贅沢な悩みに直面しているので、備忘録としてブログを書き始めて本当に良かったと思ってます。

 

今週の現場は2つ。久しぶりのプリズ2回でした。

 

11月最後の現場は、SHOUT IT ~Flowback 4th Anniversary~にプリズがゲストとして出演していたので、また軽率に参加。

なぜ軽率かというと、実はこの日ちょうど1週間ほどの韓国出張から帰って来て、時間的にもかなりギリギリだったし体力的にも正直しんどかったので、家に着いてからどうしようかな?って結構悩んではいたものの、出張中に行けなかったadvanceの話をお友達から聞いてやっぱりプリズのライブが見たい!となり、そしてadvance前日のカレンダーお渡し会でも、お友達が代わりにカレンダーを受け取ってくれていて、そこでのティムの様子を聞いて、これは行かなあかんな、と決意した次第。

モチベーションを上げてくれるティムが大好きです(笑)

 

この日はフロバの4周年を祝うイベントだったからもちろんホストはフロバなんだけど、プリズ以外のゲストアーティストのライブも楽しくてプリズが出る前からめちゃめちゃテンション上がってました。

特に天才凡人は、名前は何となく聞いてたもののライブを見ること自体は初めてだったからどんな感じか期待していたら観客一体型で一緒に振りを踊ったり掛け声したり、ちょっとSGZみたいな感じがしてとっても楽しかった!

あとメンバー全員関西出身らしく(ここ重要)、トークがめっちゃ面白かったです...

自分たちがパフォーマンスをするだけじゃなくて色んなグループに楽曲の提供もしているらしく、その中でもジャニーズへの提供が多いみたいで、調べてみたらあの曲も??という曲が多くて元ジャニオタとしては相当テンション上がった。まさかのWESTにも提供してるらしくて非常に嬉しい。

こうして見ると、日本の音楽業界って本当に狭いなあ...

 

そうこうしている内にプリズの出番になり。

セトリはこんな感じでした。

 

まさかのorange moon歌わんのかい!って一人で突っ込んだけど、久しぶりのpleasureと大好きなthree thingsを聞けてとっても幸せでした~

あと新衣装の和装もようやく見れて。

個人的な感想を述べると、黒基調で格好いいんだけど、上着を脱ぐと真っ白なぺらぺらの半そでになっちゃってそれだけ見ると非常にダサい...

あとあえて和柄を入れなくてもよかったのかなーと個人的には思います。

形がマントっぽかったりでがっつり踊る時には邪魔だろうなあって感じたし、特に大樹くんはサイズがいまいちあってないのかちょっと動きづらそうに見えたので、もうちょっとサイズを合わせて欲しかったなあと思ったり。

 

よくよく考えるとプリズのパフォーマンスを見たのは台風の中の軽井沢以来だったからそう思うと結構久々でした。

がっつりの箱ライブで、狭かったから思ってたよりも全然良く見えたし、ホリック自体ほとんどいなかったから、カフェオレの時にはいつものティムの見せ場(レジで渡すLine ID~からの部分)では久しぶりに1フレーズ丸々思いっきり狙い撃ちされながら歌われてめちゃめちゃ沸いたし幸せだったけど、advanceからの2日連続のライブだったから、やっぱり少し疲れてるかなーとは感じました。

とはいえ、久しぶりのライブでがっつりパフォーマンスをするプリズを堪能できたし、何よりティムがこのフレーズを歌う時って瞬きもせずずーっと1人の顔を見ながら歌うから、周りにいたフロバファンの方々が振り返るレベルで正直恥ずかしかったけど、帰国してすぐに来たからいつもよりも疲れてたし、個人的にも久々にティムに会ったのも相まって、いまだに余韻に浸ってるぐらいには嬉しかったです。

何だかんだ、推しが自分に向けて何かをしてくれるのって最高に幸せ。

この日はプリズ以外のグループの人は、観客と一緒になって踊る振り付けがあったりして事前の練習もあったりしたけど、プリズもカフェオレのサビの部分を一緒に踊ろうとウィンくんが呼び掛けてたものの、他と比べるとちょっと一体感が弱かったかなあーと感じかな。

というかあの振りって初めて見る人には少し難しい気がする...

私自身もウィンくんが言う、右手がV、左手がL(だったよね?)っていうのが最初なかなか分からなくて苦労したから、あの場でいきなり言われてもなかなかできないよなあーと思いながら私はがっつり踊ってました(笑)

ペンラの数だけ見てると本当にあの場にいたホリックって10人ぐらいだと思うから、その中で私たちよく頑張ったよなあーと思います。(誰目線)

メインのフロバも、あんまり曲を聞いたことはなかったんだけど、メロディーが格好いいしダンスが個人的に好きな系統なので、ライブが終わってから早速MVを観たりしてまた領域を広げようとしてます。

私は新しい分野を開拓するのが苦手だから、こういう色んなアーティストが出るライブにプリズが出てくれるおかげで他のアーティストのパフォーマンスを観れることがとっても楽しい。

現にBeat Jackにプリズが出てなかったらSECRET GUYZを知ることもなかったから、個人的にBeat Jackが今年行ってよかったライブのベスト3には入ります(気が早い)

 

 

そして12月初めの現場は、FM fujiの公開収録イベントでした~~

 もう、とにかくめちゃめちゃ寒かった。

夕方からのスタートだったけどお昼過ぎには着いてて、その時点ではまだ観客があんまりいなかったから始まる前にはもう少し増えるかな?と思ってたけど結局そのままあまり増えず、地方のリリイベよりも少ないぐらいの人数だったと思います。

やっぱり気温が寒すぎたのと、かなり交通の便が悪くて(最寄り駅までのバスが1時間1本レベル)都心部からだと行きにくいのかなあ...

今回はボイメン研修生の子たちと一緒だったけど、こちらの子たちがMCが元気で宣伝も上手かったし若々しさもあったしで感心してたから、その後のプリズのゆるーい感じが何とも言えず...

セトリはこんな感じでした。

 

軽井沢から全然歌ってなかったorange moon、やっと聞けた!

ちょうど月が綺麗に出てたから、寒空の月の下のステージで歌うorange moonが雰囲気がとても良くて素敵だった~~あと久々のI want your loveも。

あまりライブでも歌わない曲だけど、夜空の野外ライブで聞くとしっとりしんみりとして大人な感じが非常に良きでした。

 

 

セトリ自体はすごく良い曲ばかりだったし、1番心配してたティムの声の調子もフロバの時よりも良かったから安心してたけど、どうしてもボイメン研修生たちと比較してしまうMC加減...

挨拶の時点から、どうした?と心配になるぐらいの大樹くんのテンションの低さ(本人は開口一番にあいのりを見すぎて寝不足です、って言ってたけどそもそも自己紹介の初っ端でぼそぼそした声でそれを言うこと自体どうかと思う)と、安定のハニーダーリンのくだりと反応しずらい下ネタをぶっこんで来て結局名前を言わない有希くんと、ティムはとりあえずsay yeah~~って煽れば良いと思ってる感が拭えないし、最初にいつものミャンマー語の挨拶を入れてきたウィンくんと、つばちゃんは寒すぎて記憶がないけど(ごめんなさい)いつも一番大人な常識ある対応をしてるし、で初めてプリズを見る人も多かったのにちゃんと自分たちの紹介をしないのって本当に勿体ないなあと思いながら何とも言えない感じで見てました。

ボイメン研修生の子たちは、一人ひとり名前とメンバーカラーと年齢を言ってたので顔と名前が一致したし、新曲の宣伝もちゃんとしてたおかげで発売日とタイトルも把握できたけど、プリズに関しては実際私の周りにいた家族連れも反応に困ってたから、これが世間一般の反応なんだろうなあと。

特にラジオの公開収録で声しかオンエアされないから、今回の空気感が実際どれぐらい届けられるのか分からないけど、本当にプリズはもっとMCをちゃんと勉強した方がいいと思う...

司会のお姉さんに事前に回答してたアンケートの話題を振られても自分が何て書いたかメンバー誰も覚えてないし、せっかくワンマンがsold outしたこともなかなか言わなかったし、いつものことだけどMCの内輪で盛り上がってる感が強すぎて、今回みたいにプリズを知らない人がたくさんいる場所で話す内容ではなかったかなあ。

 

あと一番びっくりしたのは、MCを始める時に誰が始めたのか忘れたけどステージの前方、観客のすぐ前に座って話し出したこと。

ファンが喜ぶから、って思ってしたのかもしれないけど、一部の最前周辺のファンが嬉しいだけで、後ろの方からは完全に見えなくなるし(上の方から見てた私もかなり見づらかった)、あまり良い印象ではなかったから、途中でつばちゃんが、俺たちめっちゃ生意気なやつみたいじゃん、そろそろ立とうよって至極真っ当なことを言ってくれて立つまでは本当にプリズどうした?って思いながら見てた。

プリズのパフォーマンスや作り出す世界観は本当に大好きだし、素晴らしいと思ってるけど、いろんなグループのステージを見るようになってますます実感してるそれ以外の、MCの内容やステージ上での態度が、今日は特に疑問を感じることが多かったように思う。

ワンマンとか、ホリックしかいない場所でなら思いっきり内輪話でも、有希くんの際ど過ぎる下ネタも、ティムの反応に困る微妙にオチのない話でも好きなようにすればいいと思うけど、今日みたいにせっかく色んな人にプリズを知ってもらう機会なのに、残念だなあって正直思ってる。

ただのファンが、運営のやり方やその他の事務所の方針なんかに関して口を出したらその時点でもうファンではない、みたいなツイートを昔誰かがしてたのを見て本当にその通りだなあと思ったけど、それでも今回のは本当に勿体ないと思う。

推しがライブ中に気付いてくれたら幸せ、特典会でたくさん話せたら幸せ、っていう単純な発想ではどうしても見れなくて、お節介なのは重々承知だけど、もっとたくさんの人にプリズの良さを知ってもらいたいから敢えて書いてるようなところはある。

これを本人たちに言うのは何か違う気がするし、かと言って澤井さんに言うのも何様だよ、という感じがするので結局こうやってブログで吐露するしかないんだけど。

本当になんとかならないかな...

せっかくのアピールの場だったのに、ウィンくんの映画の話もなかったし、新曲に関してはまだ収録が終わったばかりでワンマンもチケットが売れちゃったから、直近で宣伝する内容がなかったのかも知れないけど、それにしても今日の内容ってどうなの...ってもやもやしながら聞いてました。

プリズは、何よりもライブでのパフォーマンスに重きを置いてるのは良く知ってるし、本人たちもアイドルというよりはアーティストとしてやってるから、トークなんかよりも歌とダンスを重要視してるのも知ってる。

それでも自分たちをアピールするためにはやっぱりトークスキルとある程度の常識は持ち合わせた方がいいんじゃないかなあって老婆心ながら思った今日。

多分、本当に寒くて、かつ風邪引いちゃったのをちょっと無理して押して行ってるからいつもよりもきつめに色んなことを見てしまったのかも知れないけど、本当に今日のMCに関してはいつものリリイベでのぐだぐだなMCよりもさらに凄かったと思う。

だって何も内容が頭に残ってないもん(笑)

※唯一覚えてるのは冬の思い出でティムが初来日した小学生の頃に雪を食べて遊んだっていうエピソードだけ

ボイメン研修生たちの内容はすごく覚えてるのに、肝心のプリズを覚えてないってことは、相当中身のない話だったんだろうなあ...

 

その後の特典会は、またメンバー全員とのハイタッチだったけど、ファンが相当少なかったのでいつもよりゆっくりで寧ろ剥がしいないんじゃ?ぐらいだったから久しぶりに色々と話せて楽しかったのは楽しかったけど、少数のファンが何度も回す光景を見てて、売れない地下アイドルみたいだなあって悲しくなった。

ちょうど今日公開されたウィンくんのインタビューも読んだけど、プリズが将来アジアでツアーをやりたいなら、もっともっと、変えて行かなきゃいけないことってたくさんあると思う。

少なくとも、今のプリズにとってそれはパフォーマンスのクオリティーじゃなくて、それ以外のトークや、MCの中身なんじゃないかなって思う。

プリズのことは大好きだし、今後どんな形になるとしてもずっと応援はするとは思うけど、ただのファンとして敢えてもやもやしてたことを初めてちゃんと文字にしてみました。

 

ウィンくんの伸びやかな透き通る歌声が好きだ。ティムのじっくり聞かせる優しい歌声が好きだ。大樹くんの曲を引き締めるラップが好きだ。有希くんの人を惹きつける踊りが好きだ。つばちゃんのキレのある魅せるダンスが好きだ。

そんな5人のパフォーマンスが本当に好きで好きで堪らなくて、リリイベが始まれば日本全国色んなところに行き、同じCDを何百枚と買って売り上げに貢献し、個人の仕事が決まれば舞台や映画を観に行き、レギュラーのラジオ番組にもメールを送り、と私なりに精一杯に応援してるからこそ、ただの盲目オタクになりたくなくて、細々とこうやってつらつら書きなぐってるけど。

こういう思いって伝わるのかなあ...

ファンが少なすぎてここ最近は澤井さんにも挨拶してもらうぐらい気付いたら通ってるけど、私みたいなただのオタクの1人の考えってどうやったら伝わるのかなあ...

日本に掃いて捨てるほどいる男性グループの中で、プリズじゃなきゃダメな理由を探しています。

ただ好き、なだけじゃない何かがあるからここまでお金と時間をかけて応援してるんだけど、自分でもこのモチベーションがどこから沸いてくるのかが分からない。

プリズのパフォーマンスする姿をなるべくたくさん目に焼き付けたくて、色んな表情のプリズを見たくて、今日もあの場にいたんだろうなあ。

 

重くて、重すぎるし、ファン目線なのか何様なのか、辛辣なことも言っちゃうけど、結局はプリズが大好き!の一言に尽きるな。

次はいよいよワンマンLevel 6だけど、ここでも最高のパフォーマンスを見せてくれることを期待してます。

 

現場回しは自分との戦い

昨日はひとつの現場が終わってから、若しくは途中で抜けてから別の現場に行く、所謂現場回しというものを初めてしてきました。

 

前半は、SECRET GUYZお兄さんたちのワンマンライブ、~SECRET GUYZ presents ONEMAN LIVE 2017 TRANS MAGIC SHOW~に行って参りました。

前回も書いた通り、ワンマンが決まる前からプリズが参加する対バンライブのチケットは既に持ってたから、どうしようか悩みに悩んで、あげくアイドル本人に相談するという荒業(笑)をかまして、案の定ワンマンを推されまくってぐらぐらに気持ちが揺れた後のシュート様の一言が鶴の一声宜しく私の心に刺さったので、気付いたら最初から最後までしっかりと見届けてました。

でも結果私のその選択は間違ってなかったと思う。

会場は東京キネマ倶楽部という昭和な香りがぷんぷん漂う、キャバレーのような(実際そういう用途もあるのかな?)、ディナーショー何かがよく似合うとっても素敵な雰囲気の会場でした。

いちいちセトリと共に書いてたらキリがないので、大ざっぱにはなってしまうけど、本当に素敵な空間だった...!

出だしの演出からもう雰囲気にマッチしまくりで空気に酔いしれました。

やっぱり箱ライブは音響設備がきちんとしてるから、リリイベで何度も聞いていた曲も全然違うように聞こえるし、大きな声で盛り上がれるからめちゃめちゃ楽しかった...

曲はデビュー曲を始め、割と昔の曲もたくさん歌ったのかな?という印象だけど、ここでも私が愛して止まない、(レベルまで最早到達した)I sell youのイントロが流れてきた瞬間に思わず隣で見てたお友達IKEちゃんに抱きついたぐらい最高にテンションが上がった...からのジャッヂメントタイムはもう反則だよなあ...

普段聞いてた時も楽しかったけど、やっぱり全然聞こえ方が違う!

あんまりライブ中は大声を出さないタイプだけど、この時ばかりは誰よりも盛り上がってた自信がある、それぐらいライブ中で最も盛り上がった曲です。

本当に誰が決めたのか分からないけどセトリに入れてくれてありがとう...

ライブ自体は1時間半ぐらいだったのかなあ...ほぼMCもなしでノンストップでライブをたくさんしてくれて、それがまた私の好みドンピシャでもうワンマン中は普段もない語彙力が皆無になって、やばい...エロい...好き...の3語しか呟いてなかった気がする(笑)

 

そんな楽しすぎたライブの最後のMCでのお兄さんたちの挨拶が私が今まで行ってきたアイドルのライブとは少し違ってて。

タイキくんの発言が記憶が定かではないんだけど、皆がまずこの会場に来てくれたことに心からありがとう。(ニュアンス)のようなことを言っていて。

正直、完売ではなかった。当日券も出てたと思う。

お客さんはいっぱいいたけど、満席にしたかっただろうなあっていうのが痛いほど伝わって来て。だからこそ、あの日あの場所に来てたファンに向けての感謝の気持ちが心から出てきたのかなあと思います。

最後の方、少し泣いてるようにも見えたしね(こればっかりは、後ろの方だったから確信は持てないけど、鼻が赤かったからきっと泣いてたのかな)

次のシュート様も、来てくれたファンに心からの感謝をするとともに、今日来た皆の顔をしっかりと覚えました。だからいつか、皆が豆粒になるぐらいのところでライブをしても、必ず見つけるからずっとついてきてくださいって。

推しの言葉に泣くよねえ...

プリズでも、ウィンくんがよく昔から変わらず応援してくれてるホリックも~って言及することが多いけど、お兄さんたちはプリズよりもまだファンが多くはないから、よけいに思い入れも強いんだろうなって感じた。

私みたいに色んなことがきっかけで新しくファンになる人が増えると同時に、今回のリリイベがきっかけで離れていってしまうファンもいたんだろうなって、シュート様の発言を聴きながら思ってました。

だからもう誰一人として離さないぞ!っていう気持ちがびしびし伝わってきた気がして、大きな会場でライブが出来た暁には私なんかのことは忘れてね、って普段は言うところだけど、この日ばかりは、必ず見つけてね、っていう気持ちで見てました。

締めの諭吉くんの言葉が一番ぐっと来たんだけど、

今回のリリイベは、いつもと同じようにはやってないです。マジックショーもやって、大道芸もやって。正直何やってるんやって思った人もいると思う。けど自分たちで全部決めて、好きなようにやらしてもらいました。

お手本がないなら、僕らがお手本になったらええやん!これからもどんどん新しいことしていくから、よそ見せんと離れんなよ!って語ってくれました。

普段のMCでも標準語で話すことが多い諭吉くんだけど、この時はほぼ関西弁で話してた。やっぱりその方が感情も入れやすいんだろうし、何より私の胸にぐさぐさ来て。

私自身、Beat Jackで初めて見てからほとんど意識していなかった、お兄さんたちが元女性という紛れもない事実。

応援し始めた頃は、色々と考えたりもしてたけど、この数週間ほど毎週末リリイベに行くにつれて、自然に応援できるようになったというか、完全に男として見てる。

パフォーマンス中は完全に格好良いお兄さんだし、MCでも元女性感なんて全く感じられないけど、諭吉くんの最後のコメントを聴いてると、やっぱり根底にある事実は変えられなくて、だからこそ他のアイドルが歩んできた道は歩まないし、歩めないんだと思う。

売り出し方が本当に難しいんだろうとは思うけど、お兄さんたちにしか出せない魅力って必ずあると思うし、私もそれを感じ取ったからリリイベに通って、CDもあれだけ買ったから(気づいたらプリズの数か月に及んだリリイベでの総合計枚数をはるかに超えてた)、好きになった人たちがたまたま元女性でした、っていうぐらいの感じで今はいます。

最近お兄さんたちのことを少しでも知りたくて、LGBT関連の本を読んだり色々と勉強してるけど私の薄っぺらい知識で語れるほどの浅いものではない気がするので、少しずつ知っていこうと思います。

身近にLGBTの人がいなかった(というか当人が公言していないか、または私が気付いていないか)私にとって、まずこの言葉の意味をちゃんと知れたことがまず良かったし、そこから繋がるご縁とか色んな新しい出会い全てを含めて、広がれIKENIEの輪!なのかなあってうまい具合にこじつけて勝手に感慨深くなってる。

何だかんだ、長ったらしくなってしまったけど、シンプルに最高に楽しかったしとっても幸せな時間でした。これに尽きる。

相変わらず昔の曲の振りは分からないし、コールもできない曲の方が多いけど、そういうことが全然気にならないぐらい一緒に歌って踊って、泣いて笑ってですごくすごく楽しかった。

ライブの後の感想が、楽しかった!って一番最初に口から出てくるライブって個人的にはあんまりなかったから、終わって一夜明けて、改めて幸せだったなあってひしひしと実感してる。

一日経っても余韻がなかなか抜けずにずっとふわふわしてるような、そんな感じ。

ふとした瞬間に思い出して、ああ楽しかったなあ...行って良かったなあ...って感じるライブ自体が久しぶりだったから、あの日リリイベ最終日にシュート様に相談(笑)して本当に良かったと思う。

SECRET GUYZとIKENIEちゃんの、相思相愛感というか、お互いのことを想い想われ、みたいな空気をずっと感じていた1日だったので、正直すごく羨ましかった。

その輪の中に入れてるのかは分からないけど、アイドルとファンの関係性としてはすごく素敵だなあって感じてた。

もちろん私がまだ何も知らない新参者だから手放しで楽しかった!って言ってるけど、昔からのファンの人が見たらまた違う感想を持つかも知れない。実際ちょっと寂しかった、って言ってる人もいた。

私にはその言葉の真意が分からないけど、周りと比べることなく自分が感じるままに楽しめたらなって思ってます。

どの現場でも、どうしても周りと比べてしまう瞬間って必ずあるけど、結局それって自分で自分の首を絞めて苦しくなるだけだから、感情の赴くままに色んなことを感じ取っていきたいなって感じたワンマンでした。

あと、お兄さんたちが総じて妖艶で艶やかで麗しくて色っぽくて、豪華絢爛な会場の雰囲気がとっても良く似合ってた...!

大人の男の魅力満載のアラサーお兄さんたち最高か...

 

 

そんな余韻に浸る間もなく、終演後すぐ、周りのお友達にろくに挨拶もせずにもうひとつの現場、BREAK OUT祭2017~autumn~に行ってきました。

事前にこっちにいたお友達から、プリズの出番終わっちゃったよ、という報告は受けていたからパフォーマンスも見られないのは分かってて行ったけど、そんな時に限って新しい衣装で歌うわ、他のアイドルのファンからの評判もいいわ、セトリも完全にプリズの魅力全開の曲ばっかりだわ、で自分で選んでおきながらやっぱり少し心惜しくなってしまうどこまでもワガママで欲張りな私。

終わった後もTwitterでプリズのことを呟いてくれてる人が多いのを見て、こういう広がり方ってすごくいいなあって嬉しく思ってました。

個人的に印象深かったプリズに言及してる人が多かった時は、Gradually発売記念の推しとのツーショットが撮れるあの日だったと思うけど、奇しくも超特急のツーショ会と同じ日で、方やポーズ指定禁止、という文言はあったものの、実際なんでもありで触れ合うのは禁止、とお達しが出てたにも関わらずメンバーから肩を組んだり腰を抱いたり(ちなみに私はその時も書いたけど、ティムに腰を抱かれて崩れ落ちた人です)っていうものすごい密着具合で妙に話題になってしまったプリズと、ツーショットというよりはもはや同じフレーム内に収まって写ってる、ぐらいの距離感でもちろんメンバーと触れ合うことすらない超特急の対象的すぎる特典会が話題になったあの日です。

2グループのあまりの違いを目にしたプリズ以外のファンが、こんなことしてくれるプリズやばくない...?って変に盛り上がってしまい、最終日の東京は超特急のグッズを身に着けたままプリズとツーショを撮り、その後に超特急の特典会に行く人が多かったと風の噂で聞きました。

正直、そういうところからでもプリズに関心を持ってくれる人が増えるのは歓迎するべきだと思う。だって本当にファンが少ないから。

でも、アーティストとしてはやっぱりそういう興味の持たれ方は不本意だと思うから、だからこそ昨日のように、ライブを見て初めてプリズのパフォーマンスを見て、格好いいな、気になるなっていう人が増えてくれたことが嬉しい。

そんな日に限って見てないんだけどね...(まだ言う)

 

行く前からライブが終わってしまったのは聞いてたから期待もしてなかったけど、ほんの数秒のプリズとのハイタッチの為に1時間ほどかけて会場まで駆けつけてしまうモチベーションに我ながら引いた(笑)

何だかんだプリズのこと大好きだなあ...

この日は、出演者全員とのハイタッチで、会場の外に出演者がずらっと並んで、しかもわざわざそれぞれの衣装じゃなくてライブTシャツを着てたから正直誰が誰かよく分からず...

グループの並び順も分からず人波に流されるまま気づいたらハイタッチ会が始まってたから、プリズを見つけるのに必死だった。

やっとウィンくんを見つけてここからプリズだ!と思ってたけど、後でお友達に聞いたらウィンくんの前に有希くんがいたらしい...

今回の出演者って何というか、量産型男子というか皆有希くんみたいな明るい髪色に同じような顔つきだったから全然気付かなかったよ...ウィンくんの色黒なお顔見てプリズだ!って思ってたよ...(有希くん全力でごめん)

出演者が多いので、思ってたよりもハイタッチがゆっくりだったこともあってティムと少しお話できたけど、あの短い間にちゃんと会話を返してくれるティムの対応力がすごい。

この日一番言いたいことを伝えて、ちゃんと返事ももらえたので個人的には大満足!

最初から見てたお友達からも、ティムの調子が良くて声もしっかり出てて聴かせる歌声だったっていう嬉しいお言葉をもらえたので、なぜか私が誇らしくなったり(笑)

 

今回初めて現場回しというものをやってみたけど、時間に余裕があれば全然あり!だし倍で楽しいと思うけど、時間が被ってる場合は苦渋の選択をしないといけないこともあるということを実感して体験しました。

欲張りだから、どっちも好きだし、出来れば全部行きたいからもしまた被ったらものすごく悩むだろうけど、逆に今度はプリズの方に、別の予定と被ってるんだけど...って言ってみてどんな反応が返ってくるかが気になるところではある(嫌なファンww)

プリズのライブが見れなかったのはやっぱり残念ではあるけど、2つ行ったからなぜか達成感と充実感がすごかったです。

現場回し...また機会があれば挑戦したいなあ。

オタクって幸せ!

12日のタワレコ新宿店でのリリイベを最後に、SECRET GUYZの8枚目のシングルTRANS MAGICIANの発売記念リリースイベント、TRANS MAGICIAN~男と女のLOVE GAMEが無事に終わりました(隠しきれないステマ感)

ただただ盲目的に、ライブ最高!推しが今日も可愛い!好き!って単純に沸けたら幸せなんだろうけど、回数を重ねるごとに色んなものが見えてしまって、考えてしまったのでこっそり備忘録としてしたためます。

普段のリリイベは、土日を中心にすることが多いけど、発売週の先週はなんと10日間連続でリリイベをするというメンバーにとってもオタクにとっても相当ハードだったであろう日程。

誰一人怪我無く終えられたことにとりあえずほっとしています。

一応平日は、社会人のファンの為に遅い時間帯に設定はしてくれてたものの、会場がどこも微妙に遠くて、先週はなかなか定時上がりが難しかったので平日はリリース日(11月8日)しか行ってません(何だかんだ行ったんかい)

当日まで悩みまくってたけど、リリース日当日に会えるって最高じゃない?という思いの元、気持ちだけで突っ走ってきました。で、結果やっぱりとても楽しかった。

リリース日は、タイトル曲だけでなく収録曲を全部歌ってくれて、初めて生で見る曲もあったからやっぱり行って良かったなあーと心から思った次第。

そしてこのリリース週から徐々にヒートアップする愛(CDの購入枚数)の重さ...

 

土曜日は、夏のプリズのリリイベでもお世話になった、マルイメンの屋上での屋外ライブでした。

あの時は真夏だから良かったけど、今回は晴れてたとはいえ、特典会を始める頃にはかなり風も吹いてきてて、めちゃめちゃ寒かった。おかげで今くしゃみが止まりません。

この辺りからかな、さすがにメンバーが疲れてる...??と感じるようになったのは。

この日から、特典会では推しと私だけの思い出(笑)のツーショットを控えめにして、ラブゲームという名の結局はただ推しと話すだけの会をメインに参加してきたんだけど、やっとタイキくんのところにも行けた...!

タイキくんとちゃんと話をするのはほぼほぼ初めてだったから、とりあえずたまたま着てた青い服を話題にしたら(タイキくんの担当カラーが青)おう、珍しいじゃん、どうした?って第一声からびっくりされたのにまず笑った。タイキくんまで把握してるのか...

タイキくんは、デビュー前カナダに行ってただか住んでただかを聞いたことがあったから、どの辺りにいたかを聞いて、私が学生時代に留学してたマイナーな州の名前を出したら知っててそれだけでテンションが上がった。

個人的に、タイキくんが一番話し方や近くで見た時の表情なんかを見てると男!って感じだなーと実感した次第です。一番年も近いし本当にお兄ちゃんみたいで好き(唐突)

 

シュート様に関しては、この日から何回行ったかを数えるのを止めたからとりあえず結構行ったな~?ぐらいの感じでしかないけど、ずっとループしてたら周りのIKENIEの皆さんに嫌味な感じではなく、どれだけ買ったの?とか色々と話しかけてもらったり、なぜかいっぱい行ってくれてありがとう!って言葉をかけてもらったりでなんか和んだ。

皆割とデビュー当時からのファンが多いからなのか、毎回のリリイベでは一人ひとりがあんまり買ってない感じがするからそれでなのかな。

もちろんプリズでは目に余るぐらいループしてると冷ややかな目で見られることは実感&体験済み(笑)

やっぱり年齢層が少しばかり高めだから、リアコじゃなくて息子を応援するような感じで全体的に暖かい感じなんだろうなあ...

この日もシュート様とは色々と話をしたけど、1番印象に残ってるのは、推しアルプス一万尺をするカードを引き当てた時に、出来ない!とか言いながらやってたけど段々と私が思ってたよりも出来ることに気付いたシュート様から、じゃあ俺の好きなとこ言いながらやって!と急に無茶振りされたことがハイライトです。

ティム以上の無茶振りにびっくりしたけど、第一声で顔!と即答してしまう私も私だ。

Beat Jackで初めて見て、メンバーの顔と名前が一致しない時からめちゃめちゃ好きな系統の顔だったから思わず出てしまったんだけど、心なしかものすごく嬉しそうだったシュート様...

やっぱりアイドルは顔を褒められると嬉しいものなんだろうか...

結局この日は、ひたすらシュート様の顔が大好き!を連呼して終わった気がする。改めて今思い返すとどないやねん、って感じだけど、ストレートに推しに顔が好きって言える機会ってあんまりないと思うから、今回このタイミングで伝えられて良かった。

あと、前述のようにすごく疲れてるのが目に見えて分かってしまったから、思わずシュート様に疲れてないですか、って聞いてみたら、疲れてないわけじゃないけど、これからワンマンもあるしさ!って応えてくれて、ティムのことを思い出した。

ティムも、疲れてる?って聞いたら最初は疲れてないよ!って返すけど、私が色々と聞いたらちょっとずつ本音を話してくれるようになって。

私はアイドルにおべんちゃらとか嘘ついてまで良い恰好やお世辞は言いたくなくて、思ってることを割とストレートに言ってしまうし、相手にも同じような対応を求めてしまう厄介なオタクだから、シュート様が疲れてないよ、って返さなくて逆に良かった。

だってどう見たって疲れてたもん...

改めてアイドルって大変だなあーと思った1日だった。

プリズも20代後半だけど、お兄さんたちはよくよく考えたら30代だもんね...(いい意味で)見えない...なんなら最初タイキくんなんかは割と本気で同い年ぐらいだと思ってた。

あとこの日のライブはなぜかお兄さんたちの煽りが凄くて、お前らもっと盛り上がれんのか?とか声出せないんだったら帰るぞ、的なきつめな言葉が多くてびっくりしたし、実際ちょっと引いてるファンも多かった。

口調が男以上に男で、シュート様なんか眉間に皺まで寄せちゃってちょっと怖いレベルだった。好き嫌いがかなり分かれそうな煽りだったなあ...

実際お友達のIKENIEさんは、今日の煽りは好きじゃない...っていうぐらいだったし、それだけラストに向けて気合が入ってたのか疲れて素が出てきたのかは分からないけど、いままでのライブの時と格別に違ってた。

個人的にはオラオラな感じのシュート様が好きすぎるから割とテンション上がってました(笑)

 

そしてこの日から個人的にお兄さんたち全員コンプリートデー!ということで最後に諭吉くんのところにも行ってきました。

相変わらず神対応すぎる諭吉くんはどこのリリイベに行ってもいつも一番列が長いんだけど、この日も寒空の下で最後まで頑張ってくれてました。

何も考えずに並んじゃった私も私だけど、寒すぎて鼻水が出そうになって、思わず諭吉くんの前で、寒すぎて鼻水出そうやねんけど...ってこぼしたら、鼻水じゃないでしょ!クリスタルでしょ!って諭されて和んだ。というかアイドルに向かって鼻水垂れそうって口走るオタクってどうなの...

そこからずっと気になってた、というか相談したかった、前からのファンの人が多くて、新規の私はあんまり振りも分からなくて一緒に踊れないし盛り上がりに欠ける気がして正直ちょっと寂しい...っていう相談という名の愚痴をこぼしてしまったら、そんなん関係ない!楽しむ気持ちが大事~!!ってすっごい力説してくれたから、ほんとにそうだよなあ、なんか小さいことで悩んでたなあってものすごく気持ちが楽になったから、諭吉くんのトーク力ってすごいなあということをまざまざと思い知った一日でした。

全体的にお兄さんたちは年齢的にも今までの人生経験も、ものすごく豊富でたくさんのことを経験してきてるからか、言葉の一つひとつがすごく説得力があって、かつ重い。そして皆話し上手なのが本当に楽しい...

 

そんな土曜日を経て、日曜日がリリイベラストでした。

この日も絶賛お兄さんたち全員と話そう!と決めていた私はまずタイキくんのところに行き、カナダとは別の話をしようと思ってたんだけど、タイキくんから開口一番に、ねえ、カナダに住んでたの?って聞かれて初っ端からびっくりしてしまった。

昨日の今日だけどよくオタク一人ひとりとの会話の内容覚えてるね...お兄さんたち皆記憶力がすごすぎる。

結局この日もまたカナダの話で散々盛り上がり、もうタイキくんの中で私は完全にカナダの人、のイメージが付いてるだろうけど聞きたかったことを聞けてよかった!

何しにカナダまで行ったか聞いてみたら、まさかのスノボーを教えてたっていう格好良すぎる答えが返ってきたから、思わず、その頃に出会いたかった...って悶絶したら、そうだよ!もし出会ってたら一緒に写真とか撮りたかったな!って満面の笑みで言ってくれたけど、そこはどうせなら友達になりたかった、とか言って欲しかったよ...(ワガママ)

 

出だしのタイキくんにびっくりしてたら、もはや色々と伝説化してる諭吉くんには、なあ、I sell you好きやねんな?っていう爆弾をぶち込まれて思わず絶句。

リリイベ期間中、何度かTwitterにI sell youが好きすぎる!って書いてはいたし、IKENIEちゃんたちから、諭吉くんはエゴサしてるよって聞いてたし本人もそれっぽいことを言ってたから、自分の名前とかで検索してるんだろうなあーとは思ってたけど、まさか私のも見られてたとは...

そして更に怖いのは、諭吉くんに、というよりお兄さんたちには私の名前を名乗ってないのにTwitterの内容と、実際の私を結び付けてるということが最強にホラー。

ブログにはコメントしてるけど、それと特典会の話の内容で個人を特定(笑)するって怖いなあ...インターネットって怖い(笑)

ちなみにこの会話をしたのが1部の特典会で、1部のライブではI sell youは歌わなかったから突然どうしたんだろう、って不思議に思ってたら、まさかの2部で歌ってくれて嬉しすぎて泣きました。

当然2部の特典会でも諭吉くんのところに行き、なんで私がI sell you好きって分かったの!って聞いたら(1部では結局びっくりしすぎて聞けなかった)ぼかされたけど、さっきのライブでめっちゃ盛り上がってたやん~ってにやにやしながら言われて、見られてたのかと思うと恥ずかしいやら何か色々とびっくりしてしまうわで終始テンションが上がってた。

 

そしてシュート様。

この日は最終日ということもあって、今回のリリイベで一番並んだけど、まず前日のアルプス一万尺で好きなところが顔!しか言えなかったのが悔しくて手紙を書いてたのでそれを伝えたら、俺の好きなとこ、顔!だもんね(笑)、ってこれまたにやにやしながら言われて、いい加減前日の話の内容はメンバー全員覚えてるんだってことに慣れないといけないんだろうけど、何せこんな出来すぎたアイドルに出会うのが初めてすぎて毎回が驚きでいっぱいです。

土日ではセトリがいつもより多かったから、今までの曲も何曲か歌ってくれて、どれもすごく楽しかったから、このリリイベが終わってしまったらしばらく聞けなくなるのが寂しくて、ライブが終わった後から19日のワンマンに行こうか気持ちがかなり揺らいでました。(19日はプリズが出る合同ライブ?のチケットを既に確保済)

私も嘘がつけないから、シュート様に、ワンマンめっちゃ行きたいけどその日はプリズが...って馬鹿正直に話したらどこであるの?とか何時から?とかかなり親身になってくれたり、見に来て欲しいなあ~って甘えられたり(笑)色々な攻撃をされてぐらぐらに揺れまくってワンマン行こうか行くまいか、で相当な時間を費やした気がする。

結局は諸々のお話を経て、シュート様からは、前半だけでもいいからワンマン来て!でその後プリズに行って!と言われたのでそうするつもりだったけど何だかんだその場でチケットを買い、ワンマンを全部見てからプリズのライブに行くことにした次第。

リリイベ最後の特典会を延々とワンマンの話で終わらせるのもどうかと思ったので、それ以外の色んな話もした後で、一番最後に並んだ時に、今日はこれで最後です。って伝えたら急に改まった顔をして、一番顔を近くにして、じゃあ最後だから一言言うね、緊張するから3秒ちょうだい、と言われ下を向いた後に私の目をしっかり見て、とっても素敵な一言をくれました。

ここまで書いといて言わんのかい、っていう感じだけどこの言葉がとっても嬉しかったので、私の心にだけしまわせてください。

そこまで特別な言葉じゃないかも知れない、他の人にも言ってるかも知れない、でもしっかり目を見て、息を整えて、私にだけ聞こえるようにものすごーく小さい声で言ってくれたそのことが嬉しくて。単純だけどめちゃめちゃ嬉しかった。

今まで色んなジャンルのアイドルを好きになって、本当にたくさんのライブやサイン会、特典会なんかに行ってアイドルとお話をしてきたけど、この言葉を言ってくれたのはシュート様が初めてです。もちろんティムにも言われたことないです(笑)

結局ワンマンに行くことにしたのはこの言葉が決め手だし、捻くれてるから営業トークだーって素直に受け止められない自分もいるけど、あの瞬間が幸せすぎて、今はもう、その言葉を言ってくれたという事実だけで幸せだなって思う。

ちなみに私がその後に返した言葉を嬉しそうに、少しだけ恥ずかしそうにシュート様が受け取ってくれたので、少しでも心に響いていたらいいなあと思います。

9月に初めて見てから好きになった全然まだまだ浅いファンだけど、今までのどのアイドルの言葉よりも嬉しいです。

誇張ではなく、初めてアイドルからの言葉で嬉しくて泣きました。(ちなみに悲しくて泣いたことは過去1度だけある)

 

今回のセトリは、昔からのファンにはかなり感涙ものだったみたいで、最後のスタッフさんの挨拶で泣いている人が何人もいた。

本人たちがFtMということで、LGBTやそれ以外にも様々なマイノリティ、と呼ばれる人たちが多いと感じた現場だったけど、最終日は特にその人たちに訴えかける曲が多かったみたいで盛り上がりもすごかった。

好きになった時期は関係ない、とか昔からのファンも新規も同じファン、とかいうけど、やっぱり好きな期間が長いほど思い出が増えるのは事実で。

プリズをまた好きになった時もそうだったけど、空白の時間、知らない期間が長すぎて、でもどう頑張ってもその時の出来事は知り得なくて苦しくて悔しくて、そして悲しくて。皆が盛り上がってる時に盛り上がれないのが辛かった。

誰かと張り合ってるわけじゃないけど、やっぱりどのアイドルも自分より前に好きになった人が必ずいるわけで。

勝手にライブ会場なんかでそんな人たちを見つけたり、Twitterで自分が知らなかったことや知らない時期の話題を他の人がしているのを見て勝手に病んだり。

正直こういうリリイベで自分より多くCDを買っている人たちに勝手に嫉妬したり。プリズの時も実は最初の頃はけっこう病んでた(笑)

過去の時間はどうやったって戻ってこないから、それならせめてこれからの時間は出来るだけ多く知りたくて、だからプリズのワンマンは地方まで全部行ったしリリイベも1か所以外は全部行ったし、CDも相当な数を買ってその分ティムとたくさん話もした。

プリズも、SECRET GUYZもそうだけど、一見新規も入りやすい、誰でもウェルカムな感じを醸し出してるけど、実際少しでもリリイベに行くようになると、やっぱり阿吽の呼吸で成り立っている空気感やファンとの掛け合いがあって。

その輪に入れないのが辛かったなあ。

アイドル側は当然、誰でもいつでもウェルカムだよ!みんなで盛り上がろうね!って言ってはくれるけど、昔からのファンと新規のファンとの対応が同じなわけもなく。

悲しいかな、どちらのグループも、アイドルがファンを覚えてしまうぐらいの規模だから余計にそう思うんだろう。

もっと国民的といわれるようなアイドルなら、誰がいつからのファンか、なんてどうでもよくなるしアイドルもファン一人ひとりなんて把握してないから。

ジャニーズから始まり、K-POPを経ての今だから色々なアイドルのファン層や規模が大体わかるけど、スタダの特にこの2つのグループは毎回いるファンをファン同士が把握できるぐらいに、ファンが少ない。

本音を言うと、リリイベなんてしないで欲しい。

CDが売れないこのご時世で厳しいのは分かるけど、ジャニーズみたいに何もしなくてもCDを出すたびにオリコン1位、なんてなかなか出来ないのもわかる、けど。

ショッピングモールで無料のライブなんてやらないで欲しい。

ちゃんとお金を払うから、きちんとした会場で、音響設備が整ったところで、プリズならZeppや、あとは今超特急やDISH//がしているような大きな会場で、SECRET GUYZは両国国技館で、ライブをして欲しい。

ただの1ファンとしては、目に見える1番の応援は、CDをたくさん買って、リリイベに出来るだけ行って、あなたたちのファンはこれだけいるよ!って本人と事務所に伝えることじゃないかなと思ってる。

応援していたアイドルがある日突然いなくなってしまう恐怖を知っているから、それがものすごくトラウマで、だからこそそうなった時に、ライブに行ってなかったけど、CD買ってなかったけど実は陰ながら応援してました、ずっと好きでした、なんて言いたくないから、だからアイドルと直接話せる時はいつも本音で話すし、大好きだと言うし、時にはきついことも言ってる。

何事も全力で取り組んでしまって、悪い意味で力の抜き加減が分からないからどの現場でも全力で行ってしまうんだけど、今回少ないながらお兄さんたちのリリイベに行って、もっと気持ちを伝えたいなって思うと同時に、プリズにも、ティムにも、もっともっと言いたいことを言わないといけないなって改めて実感しました。

好きな人に好きと言えることが当たり前だと思わないように、言える機会があるならそれをフルに使って本人に伝えようとなぜか突然に改めて思った次第です。

何だかんだ、アイドルが自分のことを覚えてくれている、知っていてくれるってすごく幸せなことだと思う。

それでもいつかアイドルが覚えられないぐらいにファンが増えることを願って、私もまたブログやTwitterで大好きなアイドルの布教活動をしていこうと思う。

ほんとになんでプリズもガイズも売れないの!w

また夜中のテンションで色んなことを書きなぐったけど、アイドルのライブを見て、直接話すことってとてつもなく幸せなことだから、ずっとこの幸せが続くようにまた日本経済回していこう。

今年最後の3連休は最高のオタ活日和

気づけば2017年もあと2ヶ月なんですね。

今年は転職して引っ越しして、個人的には割と人生の大きな岐路を迎えた年だったのかなあーと思います。

今年の振り返りはもうちょっと年の瀬にするとして。

今年の3連休は今回のが最後らしいですね。

オタ活がなかったら普段の土日もずっと家に引きこもれるぐらいの超絶インドア派なはずの私ですが、ひとたびアイドル絡みになるとフットワークが超絶軽くなってしまう現象に名前を付けたい。

 

ということで、この度の3連休は、前半2日間はSECRET GUYZお兄さんのリリイベと、最終日はプリズのorange moon購入者特典のアフターイベントに行ってきました。

我ながら非常に充実した連休だった...!!

 

前半のお兄さんたちのリリイベは、両日共に2部制でした。

初日は横浜での屋外ライブ。

ついこの前のリリイベは台風で泣く泣く中止になったのにこの日の屋外リリイベは快晴すぎるぐらい良い天気で、日陰がなかったから夏レベルで暑くて、ステージが階段の上みたいなところで、下からファンが見上げる形で見てたから、ちょうどシュート様に後光が差して(訳:単に日差しがきつくて)色んな意味で眩しかったなあ...

肝心のパフォーマンスは、新曲はもちろんだけど前も書いた通り大好きすぎるI sell youをまた歌ってくれて一人で感激...

歌詞が本当にやばいけど、その反面ポップで可愛い光る眼鏡みたいなのをかけてタオルを振り回して歌うから歌詞とのギャップが凄すぎて生で見て欲しい楽曲の第1位。

あと屋外だったからラジオ体操の歌とかもたまたま見てた人達がちょっと真似して踊ったり、マジックコーナーで作ったバルーンをちっちゃい子にあげたりで通りがかった人たちが参加してたのが何か見ててほんわかした。

こういうところでやるならお兄さんたちの楽曲みたいにファンと一緒に踊れる方がいいよね、と思った次第です。

で、そんなI sell youを格好良く踊ってる最中、シュート様の衣装の裾からきっと見えてはいけないであろう肌色の下着(上半身)がちらちら見えて、私含め近隣にいたオタクは皆シュート様のお腹にしか目が行かず、気になりすぎたので特典会の時に本人に直接、さっき何か肌着見えてたよね...?って聞いてみたら

それ他の人にも言われたんだけど、恥ずかしすぎる~~!

って割と本気で恥ずかしがってた裸の王子(キャッチフレーズ)シュート様が可愛すぎた...

 

この日はシュート様とツーショットをひたすら撮り、諭吉くんとのラブゲームに行くっていう流れにしたんだけど(タイキくん行けなくてほんとにごめん)

シュート様♡って言ってるけどお兄さんたちは割と箱推しなので特典会の度に誰のところにどれだけ行くか、で結構悩む。

前回、お兄さんたちの記憶力が良すぎることを実感したから、ちょっとやそっとのことでは驚かないでおこう、って書いたけど、諭吉くんのところに行ったとたんに

なあ、関西のどこやったっけ??

っていきなり聞かれたのにはさすがにびっくりした。

確かにそこまでファンが多いわけじゃないし、最近来だした関西出身のファンなんてそんなにいないかも知れないけど、それでも数日振りに会っても前回の会話をどのファンとしたかちゃんと覚えてるなんて本当にすごいと思う。

ということで諭吉くんとはこの日も嫌というほど関西トークをしたので、完全に私の地元を把握されました(笑)

もう諭吉くんの近所のお兄ちゃん感がすごい(めちゃめちゃ褒めてる)

 

シュート様の所に行ったら行ったで、2回目以降はさっきと違うポーズで撮れたね!とか常に言ってくれるもんだから、これまた記憶力の良さにびっくり。

どのファンとどのポーズを撮ったかなんてどうやったら覚えてられるんだろう...

ちなみに嗅覚が犬並みに鋭い私、シュート様が近づくたびに匂いを嗅ぎまくってた変態なんだけど、シュート様からは香水じゃなくてファンデーションとかのメイクの匂いがものすごく漂ってきました。

家に帰ってからも洋服からシュート様の匂いがずっとしてて割と沸いた。

 

そしてこっそりと書くけど酷い方向音痴というか所謂地図が全く読めない女、の私は最寄り駅に着いてから会場までの道のりが全く分からずに途方に暮れて、とりあえず駅の外に出ようと思って歩いて行ったらお兄さんたちとマネージャーさんにたまたま会って、距離を空けて後ろから着いていったら無事に着いてしまったという懺悔。

ちなみにこっそり諭吉くんにだけ遭遇してしまったことを報告したら、道全然分からんよな~?こっちの駅ほんまに難しいわ~って言ってもらえたのでもう何か上京してきた関西人の感覚を共有できて泣きそうになった。もうしません。

 

 

2日目は池袋での室内ライブ。

2日連続で!I sell you!!しかも!そんな回に!最前列!!ありがとう(滝涙)

やっぱりファンが少ないから前になる確率は高い方ではあるけど、それでも最前列に行けると嬉しい。

ハロウィンの時には、踊れないし目立たないように必死に隅っこの方でひっそりとしてたけど、この日は思いっきりどセンターでI sell youを目に焼き付けて来ました...ただただ幸せだった...

やっぱり周りに比べると全然掛け声も振りもできないけど、最近になって結構同じ様な人が多いことに気付いたので、変に気負いせずに心ゆくまでパフォーマンスを堪能してきました。

今回初めて最前列でI sell youを見て気付いたけど、普段はステージから遠くの方を見て踊ってることが多いお兄さんたちだけど、カラフルな眼鏡をかけて踊ってるからあまり後ろの方までは見れないので、この曲に限っては前の方のファンを見る見る...!

f:id:holic-109:20171105013842p:plain

まさにこんな眼鏡だから隙間が空いてて、眼鏡越しに目が合うんだけど、この曲中ずっとシュート様を見ていたからか、要所要所での視線のぶつかり合いが凄い(笑)

まだまだちょっとのことで楽しくなるチョロオタ期なので非常にテンションが上がりました。楽しかった~~!!前日に歌ってたからこの日はさすがにないだろうな、と踏んでたからイントロが流れてきた時びっくりしすぎて変な声が出た怪しい奴です。

 

この日の特典会も懲りずにまたシュート様のツーショットと諭吉くんとのラブゲームに行ったので、次こそはタイキくんのところにも行こうと決心した次第です。

というかシュート様のツーショに毎回複数回行ってるから、その分を1回タイキくんに回せばいいだけの話なんだけど、推しとの目に見える思い出(笑)が欲しい私はもうしばらくツーショットから抜け出せそうにないです。

でもタイキくんはパフォーマンス中も特典会中もいつも笑顔で声が大きくて(そう考えるとちょっとウィン君みたい)、横で見ててすごく楽しそうだから来週のリリース週間ではどこかで必ず行こうと思ってます。

ちなみにこの日の諭吉くんとのラブゲームは、推しの手の中なんだろな、なるものに当たって、たまたま初めて行ったリリイベの時と手の中の中身が似ているような感触だったから前と同じものを答えたら、

それ前も言ってたやん~~今回はそれと違うよ!

って返されたんだけど、初めて行ったリリイベって3週間前だよ...

ここまで来ると真剣に怖くなるレベル。

諭吉くんの自著伝を読んだ時に、

自分でも気づいてなかったけど記憶力がかなりいいみたいで、それが夜の世界で働いてる時にお客さんのタバコの銘柄とか話した内容を覚えてるからかなり役立ったとは書いてたけど*1、ここまでだとは思ってなかったから本当に毎回驚かされる。

ステマついでにその自伝も貼っときます。

若かりし頃の写真もたくさん載ってるけど本当に格好いい...スカウトされるのも納得のお顔。

ぼく、長女です。 (ヨシモトブックス)

ぼく、長女です。 (ヨシモトブックス)

 

 ちなみにこの日もシュート様とのツーショの時に前日と同じくだりになってまたびっくりというかデジャヴ感がすごかった。

あと気のせいでしかないけど、回を重ねるごとにシュート様がお顔を近づけてくれてる気がして嬉しい、けど何度もいうように顔のサイズ感と細さが顕著に分かってしまうから女子としては複雑。

 

2日連続でリリイベに行ったけど、セトリも違うし、ツーショットのポーズも違うし、マジックショーの中身も毎回違うしで、本当にファンを楽しませようとしてくれてるなあ~と感じると同時に、何回かリリイベに行ってみて、来てるファンが毎回ほぼ同じだということが分かってしまったから、そんなファンを飽きさせないように内容を変えてるんだろうなあってちょっとした大人の事情も分かってしまって何だか複雑ではあった。でも単純に行く度に新たな一面が見られるから私みたいな新参者にとってはすごく楽しい!

 

 

3連休の最終日は、幻の(?)イベント、プリズのアフターイベントでした。

リリイベが始まった頃に一応オフィシャルから詳細後日で発表されてたけどそれからしばらく更新されてなかったから、スルーしてたであろうホリックが多いであろう中、急にイベントが決まって、今度は詳細が決まると同時に応募券付のCDが全国で売り切れるというなんとも言えない展開だったこのアフターイベント。

当選はがき1枚につき、本人+同伴者1名と行けることになってたので、予め友達と手分けしてタワレコHMVと別々で応募していたので、幸いなことに両方とも当たり、2回とも参加することが出来ました。

 というか結局CDを買えた人はほぼほぼ当たってたんじゃないかな...

会場は狭いなりにもステージがあったので、orange moonぐらいは歌ってくれるだろうと期待してたものの、いざ始まってみるとまさかのトークのみ!しかも超短い!

一応メインがグルショだったから、そこに時間を割くのは分かるけど、せっかくシングルのアフターイベントと銘打ってたんだから1曲ぐらいは歌って欲しかったなあーとちょっとしたワガママも言いつつ。

例の横浜マラソンと渋谷ハロウィンに行かなかったので、軽井沢振りのプリズでした。

誰がどう見ても疲れてたウィンくん、帰国して疲れが抜けてないだろうに来てくれてありがとう...って感謝したくなるぐらいにお疲れモードで、グルショを見返してみたら若干目が充血してるように見えた。ゆっくり休んでください...

そしていつ見てもビジュアルが一番盛れてるつばちゃんと、iPhoneXを手に入れて喜んでた大樹くんと、ティファニーを飼いだしてから雰囲気が変わって(大樹くん談)ますますただのイケメンお兄さんになってた有希くんと、今日も天使のティム(推しに甘すぎる)、なんかすごく久しぶりにプリズを見た気がする。

MCというかトークの内容は近況報告をしたり、リリイベの思い出を話したり、2部は時間が余ってたらしくいきなりホリックにプリズに聞きたいことはありますかー?って振ったり(正直ここはあんまり面白くなかったので割愛)、あとは今月のイベントの告知をしたりであっという間に終わってしまいました。

 

改めて実感したけど、プリズは本当に大樹くんが黙っちゃうと進行が止まって大変なことになるからもっと皆トークスキルを上げてくれ...

そういえばステージには一応椅子が用意されてはいたけど、座っちゃうと後ろの人見えないよねー?と大樹くんが聞いて、実際にメンバーが座ってみたら案の定後ろの方からだと見えなくなっちゃったので、両部共ずっと立ってトークをしてくれたプリズがただただ優しかった。

座りたかっただろうけど頑張って立ったまま話してくれてありがとう!

 

ちなみに肝心のグルショは、ティムがひたすら可愛すぎたけど、前日までのシュート様とのツーショでの詐欺具合はどうした?と自分に問いただしたくなるぐらい残念なお顔で写ってたのでお蔵入りしそうです。メンバーのところだけ上手く切り取って待ち受けにしたい。

そして来月のイベントの告知をしている時に、2部での発表で12月29日に何かしらのスケジュールが決まったらしいので、仕事納めからの忘年会が入らないことを祈りつつ、続報を待ちたいと思います。

せっかくライブが出来る会場を貸し切ってたんだから本当に1曲だけでも聞きたかった...

次にプリズの生のパフォーマンスが見れるのはもう少し先なので、それを楽しみにまたお兄さんたちのリリイベに行ってこようと思います(ようこそIKENIEの沼)

*1:芸能界に入る前に所謂オネエとかオニイの人たちがいるお店で働いていて、その時にスカウトされたそう

どっぷりたっぷりSGZだらけの1日

本来なら、日曜日はティムの横浜マラソンの応援に駆けつけてから、夜からのSGZお兄さんたちのライブ(対バン)に行こうと思ってたのに、横浜マラソンが台風のため急きょ中止になりました。

ティムもすぐブログを書いてくれてたけど、やっぱり悔しかっただろうなあ...

あんなに激痩せして髪も切って、トレーニングもいっぱいしてただろうし、やるせなさは感じるけど天気のことだから誰も責められないけど私も悔しい。

軽井沢で応援しに行くね!って宣言もしてたし、何ならK-POPオタ時代に愛用してたとこから一眼レフ借りてたから結局使わずに返却してウン万円さようならしたけど、そんな私情やお金の話はこの際どうでもよくて、ティムの頑張りを発揮できなかったのが悔しい。

フルマラソンを走る機会なんてあんまりないと思うから、どこか別の場所とかで、ティムの勇姿が見れたらいいなあーと思ってる。

それまで私もいつそういうタイミングが来ても大丈夫なように地道にカメラの腕も磨いときます。

それにしてもやっぱり悔しい...

 

そんな悔しさを抱えながら、私も急きょSGZお兄さんたちのリリイベin錦糸町に行ってきました。

本日はハロウィン特別仕様ということは前々からアナウンスされてたから、急に行けることになってけっこうテンションが上がってたのも事実。

しかもこの日はグルショに加えて推しとのツーショットもハロウィン仕様の衣装で取れるということで、前回行った海老名のリリイベよりもかなり人が多かったです。

前回のリリイベで仲良くなった方とまたお会いできて色々と話しを聞いてたんだけど、最近SGZから離れてた人たちが戻ってきたようなそんな感じ。と言ってたので皆やっぱりハロウィン限定のこの日に来たかったんだなあーと。

実際仮装のお姉様達がいっぱいで、私は平常通りの普段着で来てしまったんだけど、思いっきり雰囲気に押されて気づいたら猫耳を買ってて、我ながら流されやすさに笑った。

前回の海老名で周りのオタ芸についていけなくてアウェイ感を味わったから、今日は見よう見まねで踊ろうと意気込んでたけど、そんな新規の時期に限って引き当ててしまう最前列。

なるべく目立たないように端っこの方にいたけど、マジックショーという名のバルーン作りコーナーの時にはタイキくんの今にも割れそうなバルーンをこっちに向けられたりとか、Beat Jackの時に見て衝撃を受けた鞭の曲(ジャッヂメントタイム)では、シュート様に鞭で指されたりとか、至福の(?)時間を過ごせました。

今回は前よりは踊れた感はあるけど、まだまだベテランのお姉さま方の足元にも及ばないので現場に通って覚えて行こうと思います(笑)

というかヘドバンは無理...

 

そして本日の特典会。

今回もスタッフさんが配ってくれたチラシを持参しての無料ハイタッチから始まり。

案の定何も言えないコミュ障だけど、全握に参加しない代わりにお兄さんたちの手の感触をしっかり覚えてきました!(変態)

やっぱり手が柔らかくてあったかい...

ティムの手がぷにぷにで大きな手だとしたら、お兄さんたちの手はもうちょっと女性らしい優しい感じで包み込んでくれる感じ(伝われ)

前回めちゃめちゃ楽しかったラブゲームは今回は参加せず、この日だけの特別仕様のお兄さんたちと写真を撮りたかったのでグルショとツーショに並んできました。

新曲の衣装があるからその分メイクに凝ってた感じだったけど、一応コンセプトはゾンビかな?

ほんとに間近で見てたからガチメイクで出てきた時は正直ちょっと怖かった(笑)

 

 

せっかくのハロウィンだし!と都合よく何でもかんでもかこつけてしまったけど、ツーショも次はいつあるか分からないから記念にとお兄さん全員と撮影してきました。

ちなみにツーショットのポーズは指定が2種類あって、メンバーが手に持ってるコインをどっちの手か当てられたら後ろから肩を抱きながらの首筋に噛みつきショット(!)

そして外れた場合は、予めメンバーの片手に着いている手錠を持ちながら撮る。という非常に個性的なポーズ。

タイキくんは、噛みつきショットだったんだけど私がずっと前を向いてたからどっちから来るか分からなくてわちゃわちゃしてたら、こっちから噛むね!って肩をポンポンしてくれて優しすぎたし、終わった後、前日のラジオでカナダ縦断をしたことがあるって話してたから、私も学生の時カナダに住んでて、〇〇州にいたんですけど~って話を振ってみたらめちゃめちゃ喜んでくれて、今度カナダトークしようぜ!ってニコニコ笑顔満載でやんちゃなお兄ちゃんが言ってくれたからその時が来ることを楽しみにしてます。

 

諭吉くんのところに行った時は、私が話しかける前から関西弁で話してくれたからなんでだろう?っと思ってたけど、諭吉くんから、関西の子やんな?って聞いてきてくれてティム以上の記憶力の良さにひたすらびっくり...

そういうのもあってなのか、お兄さんたちの中では諭吉くんが一番人気らしい。

私もまた思いっきり関西弁でお話できて嬉しい限りだし、諭吉くんのことが好きで自著伝も買ったよ!って言ったら照れてたお兄さん可愛い。

 

シュート様のところには結局3回行ったけど(両方のポーズで撮るため&予備)、運良く1回目、噛みつきポーズ、2回目で手錠ポーズが出て内心喜んでたら、シュート様からこれで両方のポーズで撮れたね?っていうお言葉を頂いてこれまた非常にびっくりしたんだけど、もうちょっとやそっとのことじゃ驚かないようにしよう、お兄さんたちの記憶力がほんとに凄すぎる...

最後のおまけの1回はまた噛みつきポーズを引き当てたんだけど、それまでの写真を見て私の大きな顔が前&シュート様の小さなお顔が後ろにあるから必然的にグルショよりも顔のサイズ感がよくわかってしまうことに衝撃を受けてたから、嬉しいけどこのポーズだと私の顔の大きさが分かって辛い~~ってわがまま言ってたらシュート様が、じゃあ俺も前に出て噛むから!って慰めて(あやして)くれて、思いっきり私の顔の真横まで顔を近づけてくれたんだけど、ループしすぎて気付いたら鍵閉めになっていたおかげで周りのIKENIEの皆さまの視線を一斉に浴びてたから、シュート様が顔を近づける度に悲鳴のような歓声のような?声が上がっててめちゃめちゃ恥ずかしかった。

そんな優しいシュート様のおかげで最後の1枚は自分でもびっくりするぐらいお顔が近かったです。家宝にします。

 

というかプリズの特典会と同じような要領でCDを買ってたら、周りの方々がそんなに買ってないみたいで気づいたら諭吉くんの鍵閉めもしてた私。

皆せっかくのハロウィン特別仕様なのにあんまり回さないんだね...

今度からちょっと買う枚数をよく考えようと思います。

 

 

夜はこれも直近で発表されてたよしもと∞ホールでの、HALLOWEEN ∞ NIGHT FES 2017に行ってきました~~

ほんとに、1日の内に違う場所での同じグループのイベントに2回行くのがこんなに楽しいとは...!

それこそBeat Jackの時にも実感してたけど、普段リリイベをショッピングモールですることが多いから、夜の対バン会場みたいにちゃんとした会場だと音響設備が整ってるから音の幅が格段に上がる...!!

誰でも見られるオープンスペースでのリリイベも良さはあるけど、やっぱりアーティストの姿を見たいから、お金を払ってこういう会場でするライブを見に行きたいなあと思った次第です。

セトリもリリイベの時と少し変えてて、新曲のリード曲と例の体操の歌(そろそろちゃんと正式名称書こう、壱・弐・秘密的男人体操(イーアールシークレットタイソウ)です、長い!)は同じで、後の2曲がWe are SGZ ~イケイケ GO×2!!!~とI sell youでした。

奇しくもこのライブの時に追加された2曲は、最近私が特に好きで毎日聞いてる曲だったから勝手にシンパシーを感じてテンションがめちゃめちゃ上がったんだけど、その中でもI sell youは行き過ぎたオタクの歌で、共感する部分もあり、ちょっと引いちゃう部分もあり、で初めて生でパフォーマンス見たけどめちゃめちゃ楽しかった...!

歌詞の中で、神対応 塩対応 どっちでも 会いたいよ

っていう部分が特に好きなんだけど、会いたいよの所だけファンが言うパートになってて一番盛り上がるところを歌えて一体感というか、曲に参加した感がしてめちゃめちゃテンション上がった。

それ以外の歌詞も非常に独特なので検索用にリンクを貼っときます。

I sell you - SECRET GUYZ - 歌詞 : 歌ネット

 

今日の夜のライブを見て実感したんだけど、語弊を恐れずに言うとシュート様は東方神起のユノに似ている。

私がK-POPや韓国に興味を持つきっかけとなったユノは言わずとしれたトンのリーダーで、その統率力や普段の姿勢からカリスマリーダーと呼ばれていました。

今日の舞台上のシュート様はユノのような圧倒的カリスマ感と存在感、見ている人皆を魅了するような表情まで含めたパフォーマンスが本当に圧巻で見ていてただただ美しかった。

プリズのリリイベを見る度に、こんなに素晴らしいパフォーマンスが出来るグループなのにこんなところでやってるのが勿体ないなって正直思ってるんだけど、今日のSGZお兄さんたちのライブを見て同じことを感じた。

お昼にリリイベを見てからの箱ライブだったから猶更そう思うのかもしれないけど、お兄さんたちの本来いるべき場所はこういうステージの上だと思うし、そういう場所でパフォーマンスが出来るようにもっともっと頑張って欲しいと思う。

ただの新規ファンながら、お兄さんたちのパフォーマンスをもっともっとたくさんの人に知ってもらいたいし見てもらいたいと思うので、プリズメインのブログではあるものの、引き続きSGZお兄さんたちのステマもどんどんしていきたいと思います。

ちなみにSGZお兄さんたちの目標は両国国技館でライブをすることだそうです。

相撲の聖地、基本的に男しか立てない場所でライブがしたいと。

そんなこと言われたらもう応援するしかないでしょう...

そして来月もワンマンが決まってますが、東京公演の日は奇しくもプリズが出演するライブと日程が被っていたので泣く泣く断念。

兵庫公演もあったけど、移動費だけでリリイベ数回分になるので今回は涙を飲みます。

 

夜のライブでも終演後にちょっとした特典会があって、お昼にあれだけ行ったにも関わらずまた行ってきたんだけど、全握でライブの感想をメンバーに直接伝えられるって嬉しすぎる...!!

さっきのライブ楽しかったよ!っていうシンプルな言葉しか言えなかったけど、この言葉に言いたいこと全部が詰まってるのでお兄さんたち全員に言えて良かった。

あとここでようやく気付いたけど今日のシュート様はオッドアイカラコンをしてたんだね...??

美しすぎて最後の最後にまた沸いた。

そしてグルショも撮ってきたんだけど、ハロウィン仕様でそこら辺にあったガイコツとか骨とかを手にするお兄さんたちがただただ可愛かった...

あと去り際に諭吉くんにまた来るな、って伝えたらまた来週な~待ってるで~ってにやにやしながら言われたので何としてでも行きます(単純)

実はプリズの関西人、大樹くんとはハイタッチはあるけど個握とかサイン会には一度も行ったことがなくてあれだけイベントに通い詰めてるのにちゃんと会話をしたことがないんだけど、SGZに関してはイベントに行く度に全員と話してるから諭吉くんとも最初から関西トークが出来たんだけど、上京するまでもしてからも、関西の田舎出身ということにものすごく引けを感じていたから、こうやって関西繋がりで話が盛り上がったり覚えてくれてたりっていうのが自分が思ってた以上に嬉しい。

愛国心ならぬ愛郷心なんて皆無だけど、アイドル絡みになると関西出身で良かったなあ~なんて思ってしまうどこまでも単純な私。

丸1日お仕事で疲れてたと思うけど最後の最後まで楽しませてくれたお兄さんたちに大人の余裕を感じました。

そういえばプリズのこの前の軽井沢では、特典会の列が長かったのもあるけどメンバー皆めちゃめちゃ疲れてて捌ける時も顔が死んでたね...

 

プリズのパフォーマンスで魅せるライブと違って、ファンと一緒になって歌って踊って楽しむタイプのライブって苦手だと思ってたけど、今日1日過ごしてみて、こういうライブの楽しみ方もありだな、と思ったのでオタクの活動の幅が広がりそうです。

どうしても週末にリリイベが集中しがちだからなかなか全部に行くことは難しいけど、出来るだけお兄さんたちの現場にも通いたいなあ~

行けば行くほどクセになる。

推しの為なら台風接近中の極寒の避暑地までも。

先月で終わったはずだったorange moonの夏のリリースイベント。

唐突に軽井沢でのリリイベの追加公演?が決まり、避暑地であるはずの軽井沢に秋口に行って参りました。

それも奇しくも日本列島に台風が接近中でかなりの荒れ模様な天気の中で。

 

さすがに今度こそ本当に最後の最後のリリイベということで、広島よりはホリックは多かったかなあ...っていうぐらいの、要はいつもと大体変わらない人数。

ホリックもっと増えないかなあ...

有希くんがMCで一般のお客さんに向けて言ってたけど、

 

僕たちが売れまくってる某ダストの某マックスです!来月(来年だったかも)辺りは東京ドームなんかでライブしちゃってたりなんかして!

 

っていう言葉が有言実行になったらいいなあと心から思ってます。

ファンとの距離が近い無料のリリイベもいいけど、やっぱりアーティストとしてのプリズが1番好きだから、天候を気にせずにライブが出来て、音響設備のしっかりした暖かい(ここ重要)会場でパフォーマンスしてる姿が見たいなあ...(滝涙)

 

さて、個々での舞台のお仕事でつばちゃんと有希くんとは割と直近で会ってたけど、全員揃ったプリズのライブを見るのは約1か月振り。

ティムホリックとしてはティムの激やせ振り&短髪にびっくりしちゃったけど、プリズ総じてなぜか全員もれなく痩せてて、有希くんなんてただのイケメンだった(褒めてる)

食欲の秋じゃないの...??

 

ステージは辛うじて屋根付きだったけど雨に濡れてるし、実際ティムも滑りそうになってるのを見たから本当に踊りづらかっただろうなあーと見ながら思ってた。

ちなみに観覧席は屋根なんてものはなく、何なら広大な芝生の端っこだから遮るものが何もなくてレインコートを着てたけどほぼ意味がないぐらい濡れた。

でもそんな状況が功を奏したのか妙なアドレナリンが出てたのか、なぜかめちゃめちゃ楽しくて、ライブ中はホリックの盛り上がりがすごく良くて私も類に漏れず一緒に踊って歌って、で最高に楽しかった。

雨は降るわ、ずっと屋外で寒くて最後の方なんて震えちゃったけど、ライブの盛り上がりが素晴らしかったので今回も行って良かった!

 

 

この夏の数々のリリイベを経て、ティムの記憶力が優れていることはひしひしと実感していたものの、如何せん1か月以上空いてるし、正直あんまり期待せずに特典会に並んだらこれまた華麗に予想を裏切ってくるティム氏にまた堕ちました(笑)

 

今回はあまり購買意欲が沸かず、適当なところで買うのをやめて、握手そっちのけでひたすらCD購入列に群れを成すホリックを横目に、握手>サイン派の私は速攻で握手会に参加。

とりあえずティムの手が温かくて幸せだった...(末端冷え症)

久しぶり!覚えてないでしょ?なんて毎回ティムを試すようなことを聞いてしまうのが私の悪いところなんだけど、まさかの

なんでそんなこと言うの~覚えてるから!(笑)kittyちゃん!

っていうまさかのちゃん付けでいきなり名前を呼ばれそれだけで軽率に沸く私。

おいおいマジかよ...

おかげで言おうと思ってたことが吹っ飛んだけど、とりあえず髪型のせいもあって、痩せすぎぐらいシャープになったティムに一番大切な体調崩してないかと喉の調子を確認しつつ(もはやマネージャー)

ほとんどのティムホリックが今日伝えたであろう、マラソン頑張ってね!というワードをぶち込み、ちゃっかり応援に行くことと、専属カメラマンになる宣言をしてきたので当日は素人なりに色々と頑張ってみようと思います。

 

分かりやすいぐらいストイックだから、ファンの頑張ってっていうワードが重荷になってないか少し気にはなったけど、どう考えても他に良い言い回しが思いつかなかったから私も頑張って、って伝えたけど、本音は頑張りすぎない程度で頑張って欲しい。

マラソンの知識皆無の私でも初心者がいきなりフルマラソンを走る大変さなんて優に想像できるから、本当に無理だけはせずに走って欲しいなあ...

 

話す内容をあんまり考えずに並んじゃったせいでマラソンの話がひと段落して次はどうしよう、なんて思いながら並んでいた何回目かで、開始の合図と共に唐突にティムに言われた一言に今日一番でびっくりした次第なんだけど、それが

ねえ、パーマかけた?

 

確かにかけましたけど...

それもちょうど有希くんの舞台の前日に。

最後にティムに会った広島のリリイベではストレート気味の髪型だったけど秋だから(?)久しぶりにパーマをかけてました。

ちょっと待て。アイドルがファンの髪型を把握してるのか。

というかなんで1か月前のただの1ファンの髪型なんて覚えてるんだよ...びっくりだよ...

 

ティムの好みのヘアースタイルが黒髪ロングストレートだということは知ってたから、もしや私の髪型が嫌で言ってるのかと思って、

パーマはかけたけどティムはストレートの方が好きでしょ?

って聞いてみたら

そうなんだけど、今のkittyぐらいの長さがちょうどいい。

なんてまたオタクが喜ぶことを言ってくれるもんだから、今ぐらいの長さをキープしようと思います(単純)

ちょうど後ろでそのやり取りを見ていた友達にも突っ込まれ、会話も全部聞こえてたみたいで(というかティムの声って基本的に大きいよね?)

今のやり取りなに!っていう総突っ込みを受けました。知らんし寧ろ私が聞きたい。

 

あと前述の通り末端冷え症で握手するのが申し訳ないぐらいだったから、最後の握手の時に、

今更だけど手が冷たくてごめん、何ならちょっと風邪気味だから移さないようにするね!(もう帰れ)

って謝ったら

じゃあ俺が温めてあげるね!風邪引いてるの?いつから?じゃあ俺が明日ぐらいに風邪引いたらkittyのせいだからね!

って言いながら思いっきり両手でスリスリしてくれたから今日一番で沸いたんだけど、さっき上がったブログで頭が痛い、なんて書いてたから割と本気で心配してます。

こんな大事な時期に風邪なんて引いたら申し訳が立たないから頼むから勘違いであってくれ!

 

そんな今回もびっくり発言が満載の握手会の後で、今日はプリズの楽曲の中で一番好きなtake meのCDを買えたので記念にサインしてもらおうと思って1回だけ並んだ時に

今日寒いから風邪引かないでね?

ってお前が言うな感満載のことをしれっと言ったら案の定、

むしろkittyが風邪引かないで!早く治して!(笑)

っていう有難い?お言葉を頂いたので全力で治します、というか正確には引き始めのような感じなのでこれ以上悪化しないように頑張ります。

 

 

 

認知厨だからやっぱり覚えててもらったということは素直に嬉しいんだけど、その反面で私のことなんか忘れて欲しいと思ってるところも正直あって。

前述の有希くんの売れてるグループ~発言のくだりもそうだけど、プリズは本当にもっともっと売れて欲しい。

私なんかの、ただの1ファンを大事にするんじゃなくて”大勢のファン”の前で思いっきりパフォーマンスをしている姿が見たい。

”私にだけ”のレスじゃなくて、”不特定多数の大勢のファン”に向けてするファンサービスが見たい。

私の中でのK-POP全盛期の頃は、本人と直接話したくてサイン会も何度か行ったけど、いつ行っても初めましてだし当然名前なんて覚えてなかったけど、広い会場で大勢のファンの前で堂々とパフォーマンスをする姿が本当に格好良かった。

今じゃすっかりK-POPという枠を飛び越えて気がつけばワールドスターになってるけど、私はそんな彼らに自分のことを認知してもらいたいなんて思わないし寧ろ全世界のファンの中の一人、ぐらいの存在でいたい。蔑ろにしてもいいとまでは言えないけど、大勢いるファンの中の一部でありたい。

もちろんアイドルが私の名前や顔を覚えてくれてることや、個人の特徴や前に話した内容を覚えてくれてることは本当にすごいことだと思うしめちゃめちゃ嬉しい。

ライブ中にレスをもらったらその曲は勝手に私と彼の中での”思い出の1曲”になる。

会話の内容を自分の都合の良いように解釈して、友達とああでもないこうでもないって永遠に終わらない会話をダラダラ続けるのもある意味ではすごく楽しい。

 

前も書いたような気もするけど、本当に嬉しい反面で悲しさも半分というか、単純な話、ティムが顔や名前を覚えるぐらい、毎回ライブに足を運んでいるファンがそれだけ少ないということが分かってしまうことが哀しい。

因みにウィンくんはよく、自分のファンの顔はすぐ覚えるけど名前はなかなか覚えられない、と言ってるけど、いつも一緒に私と同じ数だけリリイベに行ってるウィンホリックの友達が今日特典会でウィンくんのところに行ってみたら、覚えてなかったそうで。

ティムとウィンくんの仕事の忙しさが違うから単純に比較できないのかもしれないけど、本来のアイドルとファンってそういうものだと思う。

特典会での会話の内容より、ライブ中のティムのセクシーな表情や、キレのあるダンス、ちょっと高音を出す時はまだ辛そうだけど、伸びやかな歌い声をしっかりと覚えておけるようなファンになりたい。

何だかんだ煩悩の塊みたいな私にはまだまだ修行が足りないんだろうけどなあ...

 

秋の夜長、とは言うけれど雨が降ってることも関係しているのかしていないのか、夜中に何となくセンチメンタルな気分になってまた思いついたまま書きなぐってるけど、久しぶりのライブはやっぱり楽しかったので早くまたライブが見たいです(澤井さん!)

ここ最近リリイベに行く度に嬉しいのに悲しい、みたいな複雑な心境になってたのでどこにも吐き出せないもやもやをここに吐露してるけど、結局はアイドルとしてのプリズというよりもパフォーマーとしてのプリズが好きです。

下積み期間が長くなればなるほど、メンバーもファンも初心や目標を失いがちだから、デビューした頃の気持ちを忘れずにお互いが同じ方向を向いていけたらいいなあと思うし、特典会なんてやらなくてもパフォーマンスでファンを魅了できるようなグループになって欲しい。

どこまでもお前誰目線やねん、な夜中の呟きでした。

 

結局はティムの中で私のことを多少なりともとどめておいてくれたという事実に沸いている。

そんなこと言われたら離れられるわけなんてないので、まんまと策略に嵌ってます。というか自ら突っ込んで行ってます。

大好きしか言えない語彙力が乏しい私だけど全部ひっくるめてそんなティムが大好きだよー!

アイドル三昧の週末

ここ2週間ほどは珍しく予定が何もなくて、この週末が10月初の現場でした。

土日で有希くんの舞台からの初めてのSECRET GUYZお兄さんたちの現場!どっちも楽しくてすごく充実した週末だった~!

 

・福本有希主演舞台

愛、お姉ちゃん、湯の花の舞う頃

f:id:holic-109:20171015195701j:plain

 

有希くん初の主演舞台!観に行って来ました~~

正直有希くんって普段のMCとかの感じだとあんまり滑舌が良い方ではないし、お腹から声出てない気がしてたから舞台の上だとどうかなあって思ってたけど、実際観てみたら、PrizmaXパフォーマーの有希ではなく、一人の役者の福本有希がそこに立ってた。

ホリックとして、ちょっと贔屓目に観てたところもあったかもしれないけど、有希くんってやっぱりアイドルで、普段のパフォーマンスだけじゃなくて、こんなお芝居もできるんだって新たな一面を知れた気がしてなんかすごく嬉しかった。

有希くんの役どころは、お姉ちゃんが好きすぎるシスコン、っていうのは公式HPなんかを見て事前に知ってたけど、実際の細かい設定は、売れないバンドマンだったけど、1人だけ引き抜かれて違うバンドに入れって社長から声がかかってて色々と悩んでるっていう役。

ここがなんとなーくプリズと重なってるなーと思ったのはここだけの話。妙にリアリティあって辛い。

 

ただでさえ狭いハコなのに、今回は最前列で見てたから近いっていうもんじゃなくて、タイトルで何となく予想はしてたけど温泉旅館での場面で思いっきりお風呂シーンがあって、手を伸ばしたら触れられる距離()で有希くんが自慢の肉体美を晒しててためらわずにガン見してた筋肉大好き系ホリック。

他の俳優さんたちが細くてあんまり鍛えてる人がいなかったから余計に目立ったんだと思うけど、上半身が本当に綺麗に鍛えられててそれだけで行った甲斐があるレベル(笑)

完全に有希くん目当てで行ったけど、観終わった後は心がほんわかしたし、兄弟っていいなあーって曲がりなりにも同じ長女という立場で色々と考えた次第。

終わった後も出演者の方々が外に出てきて、ファンと話したり写真撮ったりサインしたりしててすごくフレンドリーというか気さくで、たまたまいた私たちにも話しかけてくれたりして最後まで(ちなみに大手芸能事務所スターダスト所属の福本氏は来ませんでした、残念)ほっこりして素敵な現場でしたー!

何よりプリズでは残念ながら彼だけにスポットライトがあたることはあんまりないけど、今回は何と言っても座長なので、逆に有希くんだけが舞台に立つ場面なんかもけっこうあって、ホリックとして嬉しかったなあ...

というか芸能界だったらキャラが埋もれてしまうから難しいかもしれないけど、アフタートークの時の有希くんを見てて思ったけど

下ネタ言わずに普通にしてたらほんとにただの爆モテイケメンだから...!!(大声)

 

プリズでは最年長だからなかなか甘えるのは難しいと思うけど、今回のお芝居では弟っていう役柄も相まって、アフタートークで周りの人の話をにこにこしながら聞いてる姿が本当にただの可愛い弟だった...

本日が千秋楽ということで。

外部の大きな仕事お疲れ様でした!

また有希くんの新たな一面を見られる日を楽しみにしてます。

 

 

 

 ・SECRET GUYZ 8thシングル「TRANS MAGICIAN」
リリースイベント「TRANS MAGICIAN〜男♂と女♀のLOVE GAME」ツアー

f:id:holic-109:20171015203001j:plain

 

行ってきました、SGZお兄さんたちのリリイベin海老名。

もうすっごい楽しかった~~!!

予想はしてたけどやっぱりプリズよりもファンがかなり少なくて、行き慣れたお姉さまばっかりだったから内輪感に溶け込めないし、初のSGZの現場でぼっちだし、右も左も分からない状態で行ったからちょっと疎外感はあったけど、最後はお友達もできて1人で行くの迷ってたけど本当に行って良かったと思ってる。

大体の流れはプリズの時と同じだったけど、始まる前のリハでご本人たちが普通に出てくるなんて知らないから、ふと横を見たらカラフルなジャージのお兄さん3人がいてめちゃめちゃびっくりした。

今回は2部制のライブで、家からも若干遠かったから1部だけ参加してしれっと帰ろうと思ってたのに、お会計を終えて整理券をもらう時に問答無用で両部の券を手渡されたもんだから、これは見るしかないなってすぐ予定を変更してしまうチョロオタは私です。

後で詳しく書くけど1部で帰らなくて本当に良かった。

今回リリースするシングルの曲名にマジシャンが入ってるのもあって、ライブとマジックショーとクイズ大会なんかもあって、盛りだくさんなイベントでした。

プリズの、がっつりパフォーマンスで魅せるタイプのリリイベしか知らなかったから、こういうファン参加型のタイプが新鮮だったなあ。

前のBeat Jackの時のパフォーマンスを見て分かってたけど、やっぱり今回もライブ中はファンが一緒に踊って合いの手を入れてて、見てて楽しかったけどそれが全く分からなくて1人ぽつーんとしてしまったのが申し訳なかったなあ。

正直そういうオタ芸というかペンラを振り回したり、今回の新曲の中でラジオ体操(!)の振り付けもあるんだけど、そういうあからさまに大きな動きをするのって苦手なんだけど、曲が楽しすぎるのとお兄さんたちの盛り上げ方が上手いから気付いたらちっちゃく動いてて我ながらびっくり。

次はもうちょっと一緒に踊れるようになりたいです。

で、ライブが終わってからの特典会。

比べる対象がプリズしかないから他グループがどんな感じか分からないけど、今回の場合は行った順番で、

・会場で配布されるフライヤーをもらって並べば無料で全員とハイタッチ

・特典券1枚(CD1枚)で全員と握手

・特典券2枚でメンバー全員とのグループショット

・特典券2枚でドキドキ!LOVE GAMEアタック!(公式命名)
トランプを引いて、出たカードによって推しと以下のことができます。

ハートのA出た方→「〇〇と私だけのあなた」
ダイヤのA出た方→「〇〇とにらめっこ」
スペードのA出た方→「〇〇とアルプス一万尺
クローバーのA→「推しの手の中なんだろな」

 

っていう盛りだくさんな特典会でした。

ちなみに私はちゃっかり全部参加して、ラブゲームアタックに関してはメンバーそれぞれ1回ずつ&最後にシュート様もう1回追加しました。

何枚買ったかは計算してください(笑)

 

ハイタッチに関してはその場にいるだけで出来るし、全員との握手でも一人ひとりとしっかり話せるから思ってた以上に時間があって何言うか全く考えてなくて、さらにお兄さんたちがこの前よりも格好良くなってる気がして無駄に緊張してしまったやつ。

しかも順番がシュート様(私の推し)→諭吉くん→タイキくん

っていう最初に推しがくる、自分的1番ダメなパターン(笑)

とりあえず最初のハイタッチで、案の定お兄さんたちがめちゃめちゃ優しくてまともに目も見れず終わるという失態をかましたので握手からは気合を入れなおして、とりあえず全員に初めて来ました、っていうことを伝えてみた。

シュート様とタイキくんは、ほんと?ありがとう、また来てね

みたいなことを言ってくれた気がするけど(既にうろ覚え)、諭吉くんだけ、もっと来ないとだめじゃない~っていう独特な言い方でめっちゃ笑って、おかげで緊張がほぐれた気がする。ありがとう諭吉くん。

ちなみにお兄さんたちの手は柔らかくて優しかったです。

何度も言うけどファンが本当に少なくて(体感的に50人ぐらい?)ひとつの特典が終わるとすぐ次の特典に移るし、全部に参加しようとしてたからめちゃめちゃ慌ただしくて、握手が終わったと思ったら間髪入れずにすぐグルショ。

 

 

今改めて見て気付いたけど、もしかしてシュート様、Sサイズの私に合わせてちょっと屈んでくれてる...? 好き(単純)

 

そして最後のラブゲームアタック。

よく分からないまま、シュート様に言われるがままトランプを引いて、”推しと私だけのあなた”というカードが出たらしく言われるがままに両手で四角を作ったら、私の四角に合わせてシュート様が向こう側から手を重ねるっていう(伝われ)、しかもその小さい四角の中で見つめ合って話すからお顔が近すぎて最早終始照れまくりな私。

1部のラブゲームアタックでは一旦シュート様だけ行ったんだけど、Beat Jackで初めて見てから好きになって来ちゃいました、みたいなことを言ったらめちゃめちゃ喜んでたシュート様がひたすら可愛い。シュート様が一番格好良いですってティムにも言ったことないガチ照れトーンで言ったら、つられたのか若干照れてたシュート様が尊い

 

そんなこんなで怒涛の1部を終えて一服しようと思って歩き出したら、後ろから何か聞き覚えのある声がしてるなーと思って振り返ったらお兄さんたちとスタッフさんが普通に歩いてきてて最後までびっくりしっぱなしの私。

 

2部のライブは1部とセトリが違って、また楽しかったー。

というかタイトル曲のTRANS MAGICIAN、途中めちゃめちゃセクシーなところがあるんですけど...??

大人の男の魅力満載でまたorange moonよろしくこの曲が聞きたいがためにリリイベに通ってしまいそうな予感しかしてない。

ライブが終わって、2部は例のラブゲームアタックにだけ参加しようと思って他の人のを眺めてたら、近くにいた方に声をかけてもらって、そのまま布教用に持ってきてたという今までのCDをたくさんいただいて感謝...!

生のライブを見て今までの曲も気になって、何ならメ〇カリとかで買おうと思ってたから本当に嬉しい...

そのまま特典会のイロハやらライブ中の話なんかを色々と教えて頂いて本当に楽しかったーー!IKENIEちゃん皆優しいね...(滝涙)

そんな優しいお姉さんに見送られながらいざ行ったラブゲームアタック。

最初にタイキくんのところに行ったらまさかのジョーカー(当たり)が出たらしく、

好きなの選んでいいよー!

ってめちゃめちゃ元気なタイキくん、につられたのか何なのか、緊張するの分かってるのにまた、推しと私だけのあなたをチョイスしてしまう阿呆。

案の定タイキくんの時もめちゃめちゃ照れちゃったんだけど、握手の時に初めて来ましたって言ったのを覚えてくれてたみたいで

今日のライブどうだった??どの曲が一番好き?

って聞いてくれて、迷わずタイトル曲を答えたんだけど(というかカップリング曲のタイトルが分からない...)ずっと歯を見せてニコニコしてて可愛かったなあ...

タイキくんめっちゃ格好良かった!って言ったらマジで!?ってすごい喜んでたお兄さんが印象的。

 

一番最後はシュート様で終わろうと思ってたけど、諭吉くんの列がすごく長かったので先にシュート様列に並んだら、また推しと私だけのあなたを引いてしまう私。

何話そうか全然考えてなかったけど、1部の時の話をちゃんと覚えてくれてて(!)

Beat Jackって最近でしょー?もともと誰見に来てたの?

って聞いてくれたからプリズですって言って、またSGZの単独のイベントにも来ますねって伝えたら

またプリズと一緒にやる機会もあったらそれにも来てね

って言ってくれたけどそういう予定があるんですか、シュート様...!

 

そして最後の諭吉くん。

諭吉くんが大阪出身ということは事前に知ってたので、思い切り素で話せる~って意気揚々として行きました。(ちなみにこの時は、推しの手の中なんだろな、なるカードを引いた。)

私も関西出身なんです...!って初っ端で伝えたら

ほんまに?最高やん...地元どこなん?

って聞いてくれてどこどこですーって伝えたら

僕〇〇らへんとかめっちゃ行ってた!

とか思いっきり地元トークが出来て幸せの極み...

何か特別な話をしたわけではないけど、なんせ関西人と関西弁で思いっきり話せるのが久々すぎて。

地方出身で上京してる人は皆あるあるだと思うんだけど、やっぱり方言ってなかなか伝わらなくて、仕事をしてると標準語で話すのが一種のマナーというか。

特に私の場合は外国人相手に仕事をしていることもあって、雑談をする時にも標準語は崩せないし、何ならティムも関西弁で話してよ!とか言うわりに全然聞き取ってくれないので(笑)

多分諭吉くんも普段はちょっと関西弁封印してるところがあるのか、心なしか関西弁で話しかけた時めちゃめちゃ嬉しそうな顔してくれたし、最後捌ける時も、ありがとうなー!って見送ってくれる優しさと、アイドルと関西弁で話せる幸せが相まって最後を諭吉くんにして良かったなって改めて思ってる。

 

SGZのお兄さんと、途中で話しかけてくれたお姉さんのおかげでぼっちでもすごく楽しい1日でした。

ちなみに今回はグルショ&全握だったけど、回によってはツーショ&個握の日もあるらしく、今度はその日に行こうかな~なんて思ってる。

ただ同じスタダということもあって日程が被りまくってるので、何とかプリズの合間を縫ってこっちの現場にも通おうと思ったどこまでもちょろい私です。

プリズとはまた違う、エンターテインメントがたっぷりで、大人の魅力を存分に出してくるSGZのお兄さんたち、すっごく楽しかった~~!

早速来週はプリズと被ってるけどその日は軽井沢に飛びますー

ティムにマラソンのこと言わなきゃ...(使命感)